アメリカ、ロシア、中国、イスラム圏を知ればこの複雑な世界が手に取るようにわかる

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

アメリカ、ロシア、中国、イスラム圏を知ればこの複雑な世界が手に取るようにわかる

  • ISBN:9784478066836

ファイル: /

内容説明

マンガだから知識0からでも、誰でもわかる。軍事ジャーナリストの著者が、現代世界を考えるときに、これさえ押さえていれば大丈夫という知識を徹底的にお伝えします。ニュースが分かるだけでなく、これからの世界を自分の頭で考えるためにも、必要な一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

乱読家 護る会支持!

1
今、世界で起きている事を理解するための基本的な知識として、アメリカ、ロシア、中国、イスラム圏について、1テーマで漫画付きの見開き2ページで解説。あと、日本の近現代史について書いてある本を読んだら、、、、複雑な世界が手には取れないが、遠目にはわかる、、、かもしれない。この本を読んでわかった気にならないで、学びの入口として読まれたらいかがでしょう!2015/09/30

tamashi

1
これを読めば、世界の全てがわかる訳ではないが、米・露・中・イスラムについて知っておくべきことがよく整理されていると思います。そういう意味で木の部分は十分ですが、関連性というか森の部分の記述はないのでそこは読み手の今後次第ということでしょう。2015/08/27

yuki

0
・冷戦は、「ヤルタ会談」で始まり「マルタ会談」で終わった。 ・アフリカのリベリアは黒人奴隷を帰すため、アメリカが作った国。 ・日本は儒教中心の試験「科挙」を導入しなかったから、アジアでいち早く近代化を遂げることが出来た。 ・貧困にあえぐ世界から、イスラム過激派は生まれたのだ。戦争が起こる理由は宗教ではない。2016/01/27

senyora

0
この本を読んでわかった気にならないように気を付けます。読んで良かったです。2015/12/12

チョビ

0
もうこの組み合わせ自体が「この複雑な世界」(ニラコ女史のお父上と恵谷氏は同郷。かわぐち氏の作風や年齢からみても、近しい間柄では?)を感じさせます。中身は、過去より生み出された民族性や歴史が今につながっているというのを比較的あっさりと描かれている、が著者の意図通り?結構興味深いところまで描かれているので、そこからどんどん深い知識につながればと思います!2015/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9808380

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。