講談社+α新書<br> 常識はずれの増客術

個数:1
紙書籍版価格 ¥924
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

講談社+α新書
常識はずれの増客術

  • 著者名:中村元【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 特価 ¥385(本体¥350)
  • 講談社(2015/07発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062728768

ファイル: /

内容説明

スペースが狭く、目玉のなかったサンシャイン水族館を、「屋上緑化」「天空のアシカ」などの斬新な展示で大幅観客増。通常の水族館の20分の1の投資で、来館者数を15倍アップさせ、シャッター商店街だった街に40億円以上の経済波及効果をもたらせた北海道・北見市の「山の水族館」など。弱点を逆転のチャンスととらえて、奇想天外な展示とPR戦略でよみがえらせた「集客請負人」の独自のマーケティングと実践を全公開!

目次

序章 集客力を上げるにはコツがいる
どうすれば客を満足させられるか
“集客請負人”と呼ばれて
集客力を上げるコツとは?
第1章 大人向けにリニューアルして大成功! 常識を覆した「サンシャイン水族館」
もっと人を呼ぶためには
弱点を直視すれば活路は開ける
「キックオフ会議」が正念場
水族館のスターがコアリクイ!
弱点を言い訳にしてはいけない
反発する人の中に頼りになる人が
客が見たいのは魚ではなく「水塊」
逆境からアイディアは生まれる
崖っぷちに立たされるほど閃く!
目標の数値はデータで裏付けを

第2章 「闘うワークショップ」で、スタッフの力を150%引き出す!
ワークショップは闘い
関係のない部署の人こそ戦力に
派閥や縄張りを壊すことも必要
人間関係よりも信頼関係
アイディアに終着駅はない!
議論をあきらめない
嫌われようとも徹底的に議論する
素人の意見に打開策のヒントが
野生のアシカはボールを投げない
ショーではアシカの特性を伝える

第3章 田舎の弱点を強みにして集客数を15倍に上げた「北の大地の水族館」
交通不便で寂れた水族館
絶句! 2億円で建て直し……
ゴーストタウンは蘇るのか?
根拠のない使命感も大事
天然の地下水が大きな武器に
魔法の温泉水
話題のストーリーをつくる
あえて「貧乏」を売り物にする
スタッフの声を吸い上げる
失敗はリベンジにつなげる
厳しい寒さこそ売りになる!
“髪の毛が凍る温泉”の秘話

第4章 「業界初」の仕掛け。宣伝力で知名度をアップさせた「鳥羽水族館」
誰もがさかなクンにはなれない
ピラニアは噛みつかない
客を引きつけられなければショーじゃない
客に自己満足を押しつけない
素材が新しい展示をつくる
水族館に能書きはいらない
マスコミへの情報発信
顧客への直接セールスで打開

あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

徒花

343
日本唯一の「水族館プロデューサー」が書いた、「弱点を武器に変える」考え方について書かれた本。個々のエピソードはおもしろいし、考え方にも納得はできるが、本書を読んだからといって自分の弱点を活かせるかどうかはビミョー。あと、なんとなく著者の「ドヤ感」が文章の合間合間から漏れ出しているのがちょっと気になるところ。しかし、不人気だった水族館をさまざまな工夫によって大人気施設にするまでのエピソードはドラマになってもおかしくないくらいおもしろい。2016/04/19

みっくん

40
またまた水族館プロデューサー中村元さん。市立水族館のリニューアルオープンに際してRP活動がビミョーだった市本庁に対して一喝した中村さん。そこから動き始める市役所て。。。中村さんの発破力w2016/02/11

Daisuke Sasaki

0
本当に面白い本だった。弱点を克服するのはつまらない,強みに変えることで個性として輝かせる手法は水族館だけではなくすべてのもの、ことのプロデュースに有効な考え方だとおもう。2017/03/04

Riko

0
図書館で借りた2015/08/23

ささ

0
読み終えたその日にサンシャイン水族館に行きました。確かに水量のハンデを見せない展示量で他の館とあまり遜色が見られませんでした。半柱状のクラゲ水槽は幻想的で良かったです。中村氏の「町おこしと町づくり」の違いという話はとても興味深かった。2015/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8328175

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。