角川ソフィア文庫<br> 遠野物語拾遺retold 付・遠野物語拾遺

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

角川ソフィア文庫
遠野物語拾遺retold 付・遠野物語拾遺

  • ISBN:9784044083304

ファイル: /

内容説明

『遠野物語』から二十余年後、柳田のもとには多くの説話が集められた。近代化の波の間にあった二百九十九の譚を京極夏彦が感性を生かして語り直す。角川ソフィア文庫には原著も併載、読み比べも楽しめる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

63
『遠野物語拾遺』になります。京極さんならではの解釈で、テーマ別に語られる物語は怪異と幻想の世界に誘ってくれました。今では最早起こりえない幻だからこそ、このような本に魅了されるのだと思います。原典がついているのもいいですね。2018/11/06

扉のこちら側

55
初読。2015年892冊め。remixよりも文量があり、毎晩少しずつ読んだ。病にしろ殺人にしろ、昔は今より簡単に人の命が失われていた時代。死が身近なものだった故に、人を供養するということが生活の中に根付いていたのだろう。2015/07/27

春風

13
自費出版のような形で明治43年に世に出た、柳田國男の代表作『遠野物語』。その発行部数は僅か350部と謂われ、稀覯本となっていた。昭和8年。遠野の物語を柳田に紹介した作家・佐々木喜善の死去により二版出版の機運が高まり、昭和10年に『遠野物語増補版』が発表される。この時に付録として拾遺299話が追加されている。本書はこの追加された拾遺を京極夏彦が再話し、柳田の拾遺原文を附した一冊である。拾遺では本編で漏れた噺が追加され、また明治以降の物語も採録されている。佐々木喜善×柳田國男×京極夏彦の朧げで儚き物語。 2020/10/11

ココマ

3
読む前は暗くて古臭い荒唐無稽な話ばかりだと思っていたが、意外にも近代的で臨死体験、テレポート、前世と昨今興味がもたれている話題がぎっしりつまってお得感があった。あれこれ欲張っていいではないか、この世とあの世は隣り合わせ。(人の都合が悪い事柄は狐のせいにされているようだが)それにしても協力者の佐々木喜善君の周りには不思議な話が一杯だが、実際故人と会ったとか火の玉だの普通に話す人達が私の周りにもいるので、身近で独特な東北の茶飲み話感覚で読めて怖い本に思えず面白かった。2018/02/27

ライムとザクロ

3
【16-098】remixに続いて、それを読み解く煩雑さから敬遠しがちな民俗学の名著に触れる機会を与えてくれた京極さんの名仕事。拾遺という言葉に違わず、雑多なエピソードが断続的に並ぶ構成は、再構築を経てなお集中して読み続けることが難しい。日頃、安易な娯楽としての読書にばかり興じていると、こういう学術みのある読書が良い刺激になります。 5点/102016/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9734744

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。