光文社新書<br> すごい! 日本の食の底力~新しい料理人像を訪ねて~

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader

光文社新書
すごい! 日本の食の底力~新しい料理人像を訪ねて~

  • 著者名:辻芳樹
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 光文社(2015/05発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334038533

ファイル: /

内容説明

毎年2000人以上の入学生を迎え、これまでに13万5000人の卒業生を送り出してきた辻調グループ代表にして、大阪の食の名門「辻調理師専門学校」校長を務める著者が、全国の「食の先駆者」たちを徹底取材。北海道の料理塾塾長、生産地と都市を「かき混ぜる」新しいメディアの編集長、ネットを駆使して新しいコミュニケーションを試みる名物シェフ――。新世代たちの試みを知ることで、これからの「食」の形が見えてくる!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

メタボン

28
☆☆☆★ 生産者が直接料理人と結びついて、消費者に本当に安全で美味しい料理を提供する取り組みは共感できるし、そんな料理をぜひ味わってみたい。一日一組のレストランHagiの萩春朋、モリエールの中道博、「食べる通信」、素晴らしい料理技術を発信する龍吟、軽井沢のホテルブレストンコートのユカワタン、青山のNARISAWA、浅野悦男さんの作る野菜、レフェルヴェソンスの生江史伸。2017/10/27

壱萬弐仟縁冊

28
ウマミ、ダシ、イザカヤは世界共通語になりつつある(9頁)。無形文化遺産和食の底力を見る思い。和食の伝統を正しく継承し、革新することが日本の業界発展に繋がり、日本が未来に希望をもたらすとしている(15頁)。地域に愛される店、料理であることが、都心の美食家を刺激。地域と食文化の最大の繋がりになる可能性を示唆する(65頁)。耕す人と食べる人は同じラテン語のファミリア、家族と見なす発想(78頁)は産消提携につながると思う。2015/07/28

モモのすけ

8
「自分が変わることを怖がらない」「そもそも料理はその国の精神性や自然環境の豊かさの象徴であると思っています。だから日本料理は日本人の精神性の豊かさを表しています」2015/05/15

mushoku2006

7
日本の食を盛り上げようと奮闘している料理人と生産者を取り上げたもの。 いやはや、 頑張っている人たちがいるなあ・・・・・・。 私みたいに値段優先で輸入品でもなんでもOKという味オンチとは全然違う。 2015/08/05

Yoshie S

3
食、料理を提供する。そこに徹底的な知恵と工夫を凝らした実例集。 単に日本料理や諸国の技術を取り入れただけてはなく、素材農産物と作り手や風土文化までを生かす志しの尊さが集約されている。 手をかけているからこその正当な対価は、きちんと評価されるべきで、手のかかったものを取り入れることで応援したいという気持ちがさらに、大きくなった。2015/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9699874

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。