岩波科学ライブラリー<br> 脳に刻まれたモラルの起源 - 人はなぜ善を求めるのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,404
  • Kinoppy
  • Reader

岩波科学ライブラリー
脳に刻まれたモラルの起源 - 人はなぜ善を求めるのか

  • 著者名:金井良太
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 岩波書店(2015/05発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

モラル,いわゆる道徳とか倫理というと,人間に固有の客観的な理性に基づく判断だと考えられ,主観的で情動的な判断と区別される.しかし,最近の脳科学や進化心理学の研究によれば,モラルは,人類が進化的に獲得したものであり,むしろ生得的な認知能力に由来するという.脳自身が望ましいと思う社会は何かを明らかにした本.

目次

目  次

 1 善悪という主観の脳科学
   なぜ脳科学なのか/倫理の科学
  【コラム】 科学と哲学の分離

 2 五つの倫理基準
   倫理学の用語入門/モラルジレンマ/道徳判断における感情の役割/モラルファンデーション理論/脳の中のモラルファンデーション
 3 政治の脳科学
   政治的性向を決める心理的要因/政治的信条とモラルファンデーションの関係/政治的信条と幸福度/政治的信条と相関する脳構造/政治的信条はどこまで生得的に決まっているのか
 4 信頼と共感の脳科学
   信頼の測り方/信頼を高めるホルモン──オキシトシン/オキシトシンのダークサイド/身体的接触の効用/信頼の遺伝子/幼年期の経験と信頼/共感の種類/共感の脳内機構
 5 評判を気にする脳
   負の互恵性/評判の起源/評判の成立条件/評判に対する脳の反応/眼の効用
 6 幸福の脳科学
   何が人を幸せにするか/ソーシャルキャピタル/友だちが多い人の脳/サルのソーシャルネットワーク/ソーシャルキャピタルの欠如としての孤独/孤独感の生物的基盤/幸福の二つの側面/生きがいを感じる脳/人それぞれの幸福
   おわりに──脳が活かされる社会へ
   付 録
  モラル・ファンデーションズ・クエスチョネア(MFQ30)
  対人性反応性指標:interpersonal reactivity index(IRI)(Davis,1980)
   参考文献