山と溪谷社<br> ヤマケイ文庫 なんで山登るねん

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

山と溪谷社
ヤマケイ文庫 なんで山登るねん

  • 著者名:高田直樹
  • 価格 ¥774(本体¥704)
  • 山と溪谷社(2015/04発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

世代を超えて多くの読者の支持を得た名著がヤマケイ文庫でよみがえる!

京都府立大学山岳部OBで、ラトックII峰、ディラン峰などの遠征を行い、国内においても剱岳東大谷での積雪期初登記録を持つ高田直樹氏のエッセイ集。
氏が大学山岳部時代から経験してきた山での出来事を、京都弁のタイトルのようにソフトな語り口で紹介してくれる。

冬の剱岳での遭難体験、黒部川源流での釣りと焚き火の日々、京都北山でのひとりぼっち夜・・・。
そこに描かれた体験と思索の数々は、山のきびしさ、やさしさ、愉しみ、苦しみを伝えながら、さらに「生きる」意味までをも読者に考えさせようとしている。

長い間、教育者として活躍されてきた氏ならではの鋭い視点を、京都弁でやさしく包んで描いた青春の書にして文明批評の書。