対人関係療法でなおす 気分変調性障害 自分の「うつ」は性格の問題だと思っている人 - へ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

対人関係療法でなおす 気分変調性障害 自分の「うつ」は性格の問題だと思っている人 - へ

  • 著者名:水島広子【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 創元社(2015/04発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

次のような気持ち・悩みで、日常生活に辛い思いをしていませんか?「自分は人間としてどこか欠けていると思う」「他の人は苦しいことにも耐えているのに、自分は弱い駄目な人間だ」「物心ついた時からずっと生きづらさを感じてきた」…実はこれらは“気分変調性障害”という、慢性の形をとるうつ病の人に見られる考え方です。この障害はまだ広く知られていませんが、けして本人の怠けや性格の問題ではなく、重大な病気です。本書ではこの病気の正しい理解と、対人関係療法の視点から対処するアプローチをやさしく解説します。

目次

はじめに―本書を読んでいただきたいのは、こんな方です
第1部 気分変調性障害という病気を知る(気分変調性障害とは 気分変調性障害を病気として扱う 気分変調性障害を見つける)
第2部 気分変調性障害に対する対人関係療法(対人関係療法とは 人間の弱さを認める―問題領域1「悲哀」 「役割期待」と「コミュニケーション」に注目する―問題領域2「役割をめぐる不一致」 難しい時期の乗り越え方―問題領域3「役割の変化」 治療の足を引っ張る7つの考え方 身近な人にお願いしたいこと 気分調整性傷害が治るということ)
おわりに―本当の「強さ」とは