ハーレクイン・ロマンス<br> 鷹の館の領主

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン・ロマンス
鷹の館の領主

  • ISBN:9784596129536

ファイル: /

内容説明

モルガナはロサンゼルスで父に会うため、ブラジルを飛び立った。だが間もなく機体は旋回し、アンデスの山中へと向かい始める。搭乗機がハイジャックされてしまったのだ。やがて飛行機は山あいの小さな高原に着陸し、なぜかモルガナだけが先に降ろされ、谷間の館へ連れていかれた。そして館の広間に通された彼女を迎えたのは―ルイス!モルガナは呆然とした。まさか彼が首謀者だったなんて。リオの大使館のパーティで、彼と初めて会った夜の記憶が甦る。ダンスフロアでつかの間、官能的に舞った、甘く切ないあの夜…。物思いに沈む彼女の耳に、驚くべきルイスの告白が届けられた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mum0031

3
家事手伝いモルガナと、反政府勢力指導者ルイス。 友人家族からリオに招かれ、大使館のパーティーでリオに出会う。 アメリカに滞在中の父の元へ、リオから飛び立った飛行機がハイジャックされ、モルガナだけが連れ去られる。 ちょっと、陳腐過ぎて盛り上がりに欠け、叔父&リカルドとか、もう少し捻りが欲しかった。2019/05/03

kyara

1
ああ…古い感じ。2014/05/20

akiyuki_1717

0
アンさんの初期の作品ということですが、本当にいつの時代なのって感じで、今翻訳して出版する必要があるのかと疑問でした。当時はそれなりに楽しめたでしょうが、携帯もなければ、旅客機に無線しか所在を知らせる機能がないなんて、その上一週間も発見されることも無いって、考えられないんですけど…新人の発掘が上手くいかないんですかねぇ。ハーレーは基本今の時代のロマンスを読みきるコンセプトであったはず、ヒストリカルでもないのに、中途半端すぎた。2014/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7997309

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。