文春文庫<br> 佐藤家の人びと - 「血脈」と私

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
佐藤家の人びと - 「血脈」と私

  • 著者名:佐藤愛子(作家)
  • 価格 ¥580(本体¥528)
  • 文藝春秋(2015/02発売)
  • 【kinoppy】文藝春秋 電書の森フェア2021 ポイント増量!(~9/30まで),シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167450144

ファイル: /

内容説明

『血脈』登場人物たちのセピア色のアルバム

破天荒な佐藤家一族を描く大河小説『血脈』を振り返り、作品世界の紹介と関連エッセイや対談を収録。当時の貴重な写真も多数掲載

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

菊蔵

5
血族を読まずにこちらを先に読んだ。佐藤愛子さんは幼少時からエッセイを愛読していたが(母の本棚にたくさんあった)彼女のルーツなどあまり考えたことなくここまできてしまった。この前、何十年振りに「九十歳~」を読んで、変わらぬ明快な文章に惚れ惚れしたのをきっかけに、こちらの本を購入して読んでみた次第である。今度時間を作って「血脈」を読みたい。12年、コツコツ記した一族の鎮魂小説。今からもう楽しみでならない。2017/01/09

ソープ

4
『血脈』の舞台裏、総集編、作家の気持ちなどなど。『血脈』を読み終わってのまとめとして面白かった。そして私にはこの本に収録されているの多くの映像(血脈に興味をもった方にはオススメ)が興味深かった。2019/02/19

駄目男

4
「血脈」に登場した佐藤一族の写真をどうしても見たくて買った本。 写真を凝視していると佐藤家の滅亡を見続けてきた著者の哀しみが伝わってくるようで、こちらまで万感胸に迫る思に駆られた。 「血脈」の素晴らしさは、壮絶な人生を語るわりには笑いのエッセンスが随所にあり読者をして惹き込まれる要素がある点だ。 フィクションと事実の繋げ方が見事で流石に12年と3400枚の大作だけあり、お見事と言うしかない。 壮絶な人生を送り続けた佐藤家の人々に対し愛おしささえ感じる本だった。 2014/02/12

バーベナ

4
写真が豊富。紅緑は苦悩しているような苦みばしったお顔に見えて意外。舞台のシナも綺麗。サトウハチローの妻たち、るり子・蘭子の姿もある。佐藤家の人々に合掌。2013/06/05

ちゃとら

2
以前、「血脈」を読み、この本にも興味津々だった。最近話題の「90歳何がめでたい」の佐藤愛子さん。お兄さんは、かの有名な作詞家の佐藤ハチローさん。まあ、個性爆発、波乱万丈、すごい家族です。佐藤家は。天才なのかな〜、紙一重の人たちも沢山いたみたい。2017/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/545200

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。