岩波文庫<br> 聖なる酔っぱらいの伝説 - 他四篇

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,122
  • Kinoppy
  • Reader

岩波文庫
聖なる酔っぱらいの伝説 - 他四篇


ファイル: /

内容説明

ある春の宵,セーヌの橋の下で,見知らぬ紳士が飲んだくれの宿なしに二百フランを恵む――人生の喪失は,かくも軽やかに美しく語られる.ヨーロッパ辺境に生まれ,パリに客死した放浪のユダヤ人作家ロート(1894―1939)が遺した,とっておきの大人の寓話.他に,ナチス台頭前夜をリアルに描いた「蜘蛛の巣」など四篇を収録.

目次

目  次

 蜘蛛の巣

 四月、ある愛の物語

 ファルメライヤー駅長

 皇帝の胸像

 聖なる酔っぱらいの伝説
   解  説