マッキンゼー 変革期の体質転換戦略 2014年新装版

個数:1
  • Kinoppy

マッキンゼー 変革期の体質転換戦略 2014年新装版


ファイル: /

内容説明

■マッキンゼーコンサルタント大前研一氏が今を変える戦略をまとめた名著を新装刊行
1980年代、大前研一氏を中心とするマッキンゼーコンサルタントが登壇した経営セミナーでは、変革の方法論がゼロベースの視点として解説されました。セミナー講演は大前研一氏・千種忠昭氏により編集/監修され、プレジデント社により『マッキンゼー 変革期の体質転換戦略』として書籍化されました。本書は、プレジデント社版を基に<2014年新装版>として刊行した『変革期の体質転換戦略 2014年新装版』です。

本書では、「現状の継続」だけでは生き残ることができない目まぐるしく変化し続ける現代のビジネス環境で、いかに既存の枠組みを取捨選択し、いかに新展開を切り拓くかという「変革の戦略」が<製品開発・流通・人材>を中心に解説されています。また、「戦略論」だけではなく「計画策定~実行体制の組織化」までをフォローしており、その思考の道筋は今なお有効なものとして、行き詰った事業に新展開をもたらすためのヒントとしてお読みいただくことができます。

特に、最終章では組織の点から変革の方法論が展開され、「変革を進行させるための組織体制」「阻害する要因となる組織/人」から「人事評価」「人材開発」まで、幅広くマネジメント論としてお読みいただくこともできます。

<キーワード>
  ・エンジニアード・コモディティ
  ・スーパー・ジェネラリスト
  ・製品開発・導入アプローチ
  ・製品のライフサイクル
  ・技術革新(イノベーション)
  ・流通革命
  ・人材開発のプロセス
  ・組織の7S
  ・マネジメント

”企業は、環境、顧客、競争相手、自社の各要素をゼロベースで見つめ直さなくてはならない。そうした作業を進めてゆけば、当然、最大の障害として出てくるのが自社の体質である。つまり、いままでのものの見方でものを見、もののやり方でものをやり、評価し、進んで行く、という前提条件では、新しい挑戦、新しい事業は起こせないということに気づくはずである。自社の強さを支えていた資産が、すなわち従来の「成功の鍵」が将来の戦略展開にとっては負債となる、という時代になっているのである。”

~本書「はじめに」より~

■新装にあたって
新装にあたり、書籍はデジタルリマスタリング。大きく以下2点を追加収録しています。
・図版はすべてリデザインし、電子書籍版ではより見やすいカラー図版でお読みいただけます(カラー対応デバイスの場合に限ります)。
・新装刊にあたって7,000字を超える著者インタビューを追加収録。今の大前研一氏が「コンサルティング」「経営」を語ります。

目次

著者特別インタビュー:『マッキンゼー変革期の体質転換戦略 2014年新装版』発行に寄せて
第1章 世界的変化の潮流を読む─5つの革命の現状
第2章 5つの革命への対応の方向─日本企業が直面する問題点は何か
第3章 変革期の製品開発・導入アプローチ─ライフサイクル短縮化にどう対応するか
第4章 流通革新にいかに対応すべきか─暗黒大陸の夜明け
第5章 変革への対応能力を備えた組織づくり─ゼロベースからの見直しが必要