虫と歌 市川春子作品集

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

虫と歌 市川春子作品集

  • 著者名:市川春子【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2015/03発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063106176

ファイル: /

内容説明

自分の指から生まれた妹への感情を綴る『星の恋人』。肩を壊した高校球児と成長を続ける“ヒナ”との交流が胸を打つ『日下兄妹』。飛行機事故で遭難した2人の交流を描く『ヴァイオライト』。そして、衝撃の四季大賞受賞作『虫と歌』。深くてフシギ、珠玉の4編を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マーム

148
既読の「25時のバカンス」以上に市川春子は変なことを考える人だという印象を強くした作品集。「星の恋人」は「25時のバカンス」へつながるエロティシズムを感じさせる作品。挿し木で殖えるなんて絶句!「日下兄妹」はその生物像がシュールですが、個人的にはここ最近コミックを読んでこんなに感動したことは無いと思えるほどに大好きな作品となりました。「虫と歌」は人ならざる者としてこの世に生を享けた彼ら彼女らですが、その本質は人間以上に人間らしく、それだけに、このような実験を繰り返さざるを得ない主人公の慟哭に心が痛みました。2011/11/19

kanon

115
マンガ大賞にノミネートされているのを見たのが購入のきっかけ。絵はデビュー作の『虫と歌』なんて、とても上手いとは言えない。でも上手い。何を言ってるのか分からないと思うけれど、上手いのだ。ストーリーもちょっとファンタジックで幻想的で素敵だし、淡白な会話のキャッチボールがさらに味を加えている。そしてキャラクターの魅力。さらには漫画表現。描写が好きで好きで.....何かあげたらキリが無いけれど、とにかく良かった。アフタヌーンはこれだから好きだ。絶対これから市川さんが手掛けてる作品何でも買っちゃうだろうなあw2013/03/16

ヒロ@いつも心に太陽を!

103
最初の話から独特な世界にぐぐっと持っていかれた(・□・)これはなんて不思議でなんてせつなくてなんてコミカルでなんて残酷でなんて愛しい物語なんだろう。なかでも『日下兄妹』を読んでふいに涙が流れてしまった。これはまさしく名作であり良作。もう一度じっくりと読み返そうと思う。2011/07/10

眠る山猫屋

67
素晴らしい作品集でした。手塚治虫のようなブラッドベリのような… 圧倒的な物語世界なのに、忘れがたく切ない… 微かにインモラルな香りもするけれど、献身的で深い想いの重なる物語群。個人的には『日下兄妹』がいちばん余韻を遺してくれた。2012/07/31

Shimaneko

66
しんみり、いいなあ。つつじの「剪定」とか、ヒナのひたむきさとか、兄ちゃんの切なさとか。この先、何度も読み返したくなりそうな予感。2012/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/278046

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。