表現者2011年3月1日 35号 国防としての保護主義――反TPP論

個数:1
  • Kinoppy

表現者2011年3月1日 35号 国防としての保護主義――反TPP論


ファイル: /

内容説明

日本がTPPに参加するのも時間の問題――自由貿易の行き着く果てに見えてくるものは? 果たして日本はトクをするのか。いや、敢えて、否、と言おう。今、最も必要なのは「保護主義」なのだ、と。このデフレの進行を止めなければ……経済の流れと、問題点が、今、明らかになる。三人の俊英による傑作座談。
[「表現者」2011年3月号掲載]

目次

◇TPPの本質は「自由貿易」対「農業」なのか?
◇TPPによって国民全体が損をする
◇アメリカに依存する世界経済
◇TPPはアメリカの産業と雇用を保護するもの
◇開国論に見られる「戦後日本」の歪んだ歴史観
◇現状維持に固執する「避戦開国」論者
◇民主主義がナショナリズムを生み出す!?
◇TPP礼賛で政治から目を背ける日本人
◇これからの「日本のトポスとは何か」の話をしよう