何でも見てやろう 【小田実全集】

個数:1
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

何でも見てやろう 【小田実全集】

  • 著者名:小田実
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 講談社(2011/10発売)
  • Kinoppy年末大感謝祭 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~12/17)
  • ポイント 360pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

26歳のフルブライト留学生が、欧米・アジア22ヵ国を貧乏旅行したこの旅行記は、ユニークな「世界現代思想講座」である。著者が欧米のスマートな知識人と媚びることなく対等につき合い、垢だらけの凄惨なインドの貧困にも目をそむけることなく向き合う姿は、爽快で頼もしい。アメリカの豊かさとその病根、人種差別を直視する痛烈で優しい眼は、ヨーロッパやアジアにも向けられる。若者らしい痛快な笑いとセンチメンタルな涙、本物の、上等な知性と勇気のベスト&ロングセラー。

目次

まあなんとかなるやろ
何でも見てやろう
「考える人」
ビート猫・ZEN猫
ゲイ・バーの憂鬱
アメリカの匂い
ヒバチからZENまで
ハーバードの左まき「日本人」
幸福者の眼
松の木の下にウナギ
フランス語を学ぶには
芸術家天国
黒と白のあいだ
「月世界」紀行
メキシコ天一坊
「資本主義国」U・S・S・R
Sick, Sick, Sick......しかし
フィッシュ・エンド・チップス
あいるらんどのような田舎へ行こう
「求職」あるいは「おしのび」旅行
金髪と白い肌は憧れる
ユース・ホステルの「小便大僧」たち
ビデとカテドラル
「反小説」の財布
ニセ学生スペイン版
ビザを買う話
「ルパナーレ」の帽子
パン屋のデモステネス君、仕立て屋のアリストテレス氏
アクロポリスの丘
腐敗と希望
ナセル氏「随行」記
たがいにむかいあう二つの眼について
のぞきメガネ「ヨーロッパ」
にわかヒンズー教徒聖河ガンジスへ行く
不可触賤民小田実氏
アミーバの偽足
再訪
あとがき