富士見L文庫<br> 半翼の逃亡者

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
半翼の逃亡者

  • ISBN:9784040704722

ファイル: /

内容説明

和平交渉のさなか、何者かに襲われた女性外交官フェリータ。目を覚ました彼女が見たのは、相手方の大使アンドレアの遺体だった。しかも、殺人の容疑で捕縛されたフェリータの前に現れたのは、アンドレアの亡霊で!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Bellzerica

5
物語としては探偵物に近い感じなのでしょうが、物語に起伏が薄く感情を揺さぶられることが殆どありませんでした。フェリータのキャラ造形だけは好みだったものの、とにかく印象に残りづらいなぁと。残念ながら新作が出ても買うことはないです。2015/01/26

凍矢

4
やはりこの方の作品は、微妙過ぎるー。全然、内容が理解できないし、結末が見えるのですもの。えっと、面白くないのに、読書日数は、1週間もかかりました。日にちが勿体なかったなぁ。2015/12/17

3
まさにタイトルの通り逃亡者というべきか。冤罪をかけられた自分の容疑を晴らすために犯人を追っていく。北部の翼人と、南部の自ら羽を捨てた者たち、その北部と南部の調停の最中に起こった殺人、殺された大使と殺人の嫌疑をかけられた主人公である外交官。一方は逃亡者として、殺された大使は幽霊となって一緒に犯人を追う。なかなか面白くってよかった。こういうファンタジー世界でのミステリって増えてほしいものだと思う。2015/02/22

みちる

3
謎解きと政治とファンタジーが上手く絡み合っていて面白かった。主人公フェリータの外交官らしい常に冷静で知的で前向きな考え方が私は好きだけどヒロインとしては色気に欠けるかも。まあ相手は亡霊だけど(笑)さらに欲を言えばアンドレアの孤独をもう少し掘り下げて欲しかった。2015/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9051262

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。