山と溪谷社<br> 狩猟始めました - 新しい自然派ハンターの世界へ

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

山と溪谷社
狩猟始めました - 新しい自然派ハンターの世界へ

  • 著者名:安藤啓一/上田泰正
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 山と溪谷社(2015/01発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

狩猟のある暮らし。新しい自然派ハンターの世界へ

生き物が食べ物へと変わる瞬間、「人間も自然のなかで生きている」ということを知りました。

従来とは違う若手狩猟者が増え始めています。
動物を狩ることが目的ではなく、狩猟を通じて「自然」「田舎の社会」「自分たちの暮らし」を理解し、豊かなライフスタイルを志向する人たち。
50歳未満の狩猟免許取得者は約3万人。ジビエを味わうなど接点のある人も含めると30万人あまりの方が猟と関わる暮らしをしています。

本書は、そうした人々の動向を、「またぎ文化本」や「狩猟レジャー本」、「自給自足の本」とはアプローチを変え、狩猟のあるエコ・ライフスタイとしてまとめています。

狩猟免許を取得したり、鳥獣保護員、狩猟監視員としてのボランティアを始めたりする登山者も増えており、登山の現場での狩猟事故の発生を未然に防ぎたい意図もあります。

内容:
・第1章 狩猟体験記-初めての獲物
・第2章 森歩きで動物を探す
 ・フィールドサイン
 ・気象条件に応じて動物を見つける
 ・音を聞く、匂いを感じる-五感の動物さがし
・第3章 畑は動物レストラン-さまざまな農林被害
・第4章 私はなぜ狩猟者になったのか-狩猟とナチュラルライフ
・第5章 ワイルドミート-解体と調理
・第6章 骨と皮からの動物観察-さまざまな加工品
・第7章 都会ぐらしでハンターになる-狩猟・鉄砲の法令関係

目次

第1章 狩猟との出会い
第2章 動物観察と狩猟
 ・フィールドサイン
 ・気象と動物の暮らしを推察する
 ・匂い、音と動物のシックスセンス
第3章 自然暮らしの狩猟
第4章 動物を慈しむ心で野生肉を得る
第5章 皮や骨も大切に使う
第6章 野生動物と人間の暮らし
第7章 ハンターとなるために必要な手