中公文庫<br> ヘルたん ヘルパー探偵誕生

個数:1
紙書籍版価格
¥968
  • 電子書籍
  • Reader

中公文庫
ヘルたん ヘルパー探偵誕生

  • 著者名:愛川晶【著】
  • 価格 ¥968(本体¥880)
  • 中央公論新社(2014/12発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784122060289

ファイル: /

内容説明

両親の破産で一家離散となった淳は、浅草の元名探偵・成瀬老人宅の居候となる。そこへ偶然ヘルパーとして現れたのが、かつて淡い恋心を抱いていたヤンキーの先輩・中本葉月。淳は葉月のすすめでヘルパーを目指しつつ、成瀬氏の探偵助手も務めることになる。老人介護と本格推理が見事に融合した浅草人情ミステリー開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちんれん

16
趣味じゃない本も読んでみよーと、推理小説コーナーをぶらついて発見。元探偵のボケ老人と美人介護士と元ニートヘルパーの絡み。介護の内容は浅かったけど、推理の内容は面白かった。続きを読みたくなった。2015/04/11

きょん

13
愛川さんの経験に基づく部分もあるのか、認知症の老人たちの行動がかなりリアル。それぞれの抱える事情が切実で辛いけど、現実にはもっと過酷な状態の人もいるんだろうなあ。大家さんの事情もまだ明らかになってないし、続編も楽しみ。2014/11/14

nyanlay

7
可愛らしい雰囲気の作品名と表紙からもう少し軽い内容かと思いきや、結構介護職や人間関係の描き方が深い作品だったと思います。介護職のこともサラッと流すわけではなく詳しいし、土地の説明も詳しいので、全体的に長くなってしまったように思えました。肝心?の探偵は、本格推理とまではなかったかな。続きがあるようなので、読んでみたいです。2017/10/25

めぐみ

5
2巻から読み始めてしまい、遅れて1巻読破。おもしろい。2015/02/27

ホシナーたかはし

5
勝手に命名みんなの仕事ヘルパー編。ヘルパーの仕事を詳しく紹介しており面白くためになって、最後にかけて切なくももの悲しい印象を受けました。「セレモニー黒真珠」と同等のもの悲しいさ。「東京バンドワゴン」が大家族の話なら、本作は孤独の物語。途中、淳君に対し「爆ぜろ、リア充!!」と叫びたくなりますが、結末まで読むと、こいつならハーレムエンドでも許してやろうという気になります。続きをはよ!2014/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8292840
  • ご注意事項