角川スニーカー文庫<br> 召喚主は家出猫 (4)英雄と皇帝のファイナルゲーム

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

角川スニーカー文庫
召喚主は家出猫 (4)英雄と皇帝のファイナルゲーム

  • ISBN:9784041018705
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

帝国に捕まった翔馬を取り戻すため、獅子奮迅の戦いを見せる瀬里奈。一方、ついに帝国皇帝と対峙した翔馬は、皇帝の考えに異を唱え、説得を試みるが――。現代知識で戦争に終止符を打てるか!? 堂々の完結巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

16
最終巻という事でいよいよ帝国との決戦へ。またもや捕まってしまった翔馬ですが帝国に寝返った演技をしてのスパイ活動をしたりと相変わらず高校生とは思えない有能具合。肝心の戦争は準備に時間をかけた割にはそこまで盛り上がるシーンもないまま終わったのは残念でした。なんというか始まってから終わるまでずっと平坦だったかな。もう少しページ数増やして後日談の話を増やしてくれると嬉しかったですね。2014/10/05

アウル

15
最終巻。帝国軍に捕まってしまった翔馬は皇帝と相対する。亡命してきたと騙し知恵を貸しながらもその情報を王国に流すスパイ活動を繰り広げる翔馬だったが、皇帝の事を知るにつれ罪悪感にかられる事となる。最終的には皇帝を捕らえて休戦に持ち込んだけどもこの巻は戦争の準備と戦争シーンだけでほとんど終わってしまってるな。戦争をさらっと終わらせて、あとがきに書いてあった後日談の内容が読みたかった。戦闘で人が死んだとは書いていなかったと思うが完全に死んでしまっているんだろうな、人が死なないまま終わって欲しかった。2014/10/03

わたー

6
★★★★☆シリーズ完結巻。前巻で敵の手に落ちた翔馬だったが、今回は逆にその境遇を利用してスパイ活動をしつつ、決戦を迎えるという内容。前巻では陸上戦艦に対抗しうる兵器の開発に重きを置いていたのだが、尺の関係からか、戦争シーンはやや駆け足で進んでしまったのが残念かな。戦争後の後日談も短かったので少々不満が残る出来だった。シリーズを通してみればキリがいい、綺麗な終わり方だったのがよい点かな。2014/10/09

Humbaba

4
落差が大きければ大きいほど、与えるダメージも大きくなる。勝利を確信したその時に逆転劇が起これば、冷静な判断などもはや不可能になる。いくら優秀な集団であっても、冷静さを欠いている状態ではその能力を十全に発揮することはできない。それを狙うことが弱者にとっては最良の戦略となる。2017/06/11

ウラー

4
★★★☆☆最終兵器はネズミだったか。やられた。でも実際対策してないと人はネズミやアリの群にかなわないし、適切といえは適切。帝国主義VS国際協調主義、国際主義に天秤が傾くのは教育と富がある程度普及した社会だが、この異世界はどうだろう。魔法のおかげで便利だが、物質的に豊かではなく、学問も未発達。みんな仲良くやるにはパイが小さい気がするなぁ。2015/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8278283

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。