角川ビーンズ文庫<br> アドリア王国物語 - 幻黒の騎士と忘れじの乙女

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

角川ビーンズ文庫
アドリア王国物語 - 幻黒の騎士と忘れじの乙女

  • 著者名:文野あかね
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • KADOKAWA(2014/10発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041018835

ファイル: /

内容説明

王国の城壁に囲まれた街で歴史書作りを夢見るエマ。だが、『聖杯』の行方を記した書を追う三人の騎士と出会った日、殺人の罪で父が捕縛されてしまう。相性最悪の騎士バルトは、エマの“絶対記憶”を使えというが!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

皐月

86
前作のデビュー文庫「女神と棺の手帳」は1巻で挫折してしまったけど、今回はテンポよく話しが進んで読みやすかった。「絶対記憶」を持つ少女エマが、父親が犯人扱いされた事件をきっかけに知り合った3人の騎士と一緒に何でも願いが叶うと言う伝説の「聖杯」の騒動に巻き込まれて行く話し。キーパーソンの「先生=吟遊詩人」の出番がわりと早かったな。エマとバルトの掛け合いが面白かったし。こんなに口の悪いヒーローは珍しいかも。前作の「軍人」→「騎士」に「手帳」→「幻黒の書」に代わっただけで、また似たよう展開にならないか心配です。2019/02/18

ダージリン

27
三人の騎士と絶対記憶を持つ少女の出会いの物語・・・王道ストーリーなので、安心して読めます(笑)。これからの関係性の変化が楽しみ♪ イラストも綺麗で、表情などとても良いです!2014/11/28

Piichan

22
オーソドックスなファンタジーでむかしのライトノベルを読んでいるような感じがしました。カバーイラストはエマのかわいらしさとバルトの重さを両立させていてよいイメージです。これからエマの特異な記憶力がどのように発揮され、その能力ゆえの苦しみがどう描かれていくのか注目したいです。 2014/11/15

sio

19
忘れられない少女と主をなくした騎士と愉快な仲間達なお話 なんで私の好き作家さん達は聖杯伝説を好むんだろーと思いながらも楽しんだ 物語の序章 出会い編みたいなので続きが楽しみ もうちょっと糖度が高ければなーと思いながらも口が悪いヒーローの成長に期待2014/10/07

ゆずきゃらめる*本とお花♪

17
文野あかね第2作♪主人公は普通の村娘っぽいけど、記憶力抜群の外の世界に憧れる少女。相棒(今はとりあえず?)は口悪い真っ黒づくしの騎士。文野あかねの少女は気が強い!泣いたところあまり書かない。エマと騎士の冒険がはじまる。後半の書が見つかったあとからの話の速さにドキドキ!第一王子だって?いきなりだった・・。2014/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8218513

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす