講談社ラノベ文庫<br> IEイマジナリーエフェクト1 クリフォトの夜

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

講談社ラノベ文庫
IEイマジナリーエフェクト1 クリフォトの夜

  • ISBN:9784063753875

ファイル: /

内容説明

枝誓館学園は、治療困難な病気――スフィアシンドロームを発症してしまった10代の患者を集め治療する、病院である――表向きは。だがその実態は、患者が手に入れてしまう力をコントロールし、ある目的のために研鑽する場だった! 無燈霞は枝誓館学園へと編入することになった高校生。初めて同類に出会い戸惑う霞に告げられたスフィアの目的は――!? そのためには、学園の奥にある異界――クリフォトを攻略しなければならず

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まるぼろ

4
空白症候群と言う名の病気と表向き公表されている10代の患者を隔離治療すると言う名分で世界に点在して建てられた枝誓館学園に編入してきた無燈霞だったが、彼はどこと無く他の人間と違う所がある様で…というお話。 超能力者を一般から隔離すると言う設定や千華の掲げる野望などは王道でブレない理念として面白いかと。また霞の自分で夢を見つけられない事や過去にあったと思われる背景からやけに捨て鉢だった所も千華の夢を叶えると言うやりたい事が出来てからは主人公として良くなっていきそうで、これからが期待です。次巻も期待です。2014/08/23

藤崎

3
イメージを現実に作用させる能力者を集めた学園兼隔離施設で、生きる目的に欠け生死のかかった戦闘に慣れたひと昔前の伝奇モノ主人公系男子が、今時少々珍しい「気風のいい」とでも表現したくなるヒロイン&愉快な仲間たちと、踏破すれば神になれるとすら噂される不思議ダンジョンの深淵を目指すお話。ストーリーや設定自体には特に真新しい所はなかったですが、その分手堅くまとまっていた印象。反面、目的地の情報が少なすぎるためか、物語の広がりをイメージし辛い点も。ただ、裏設定作り込んでそうで、期待が持てる内容にはなっていたと思います2014/08/19

t_hirosaki(エア読書会)

3
結構凝った造りで伏線も上手い事張ってあるのですけどなぜか爽快感がない。何がいけないんだろ。虚獣がイマイチ強大に見えないとか、轟胆戦が前振りにしては長すぎてバランス悪かったとかかなあ/サービスシーンを描く気が一切ないあたりとか(一応わずかながらあったけど)、主人公の特異な性格とかは割と好きです。あと最後の挿絵すげー良かった。本文中にも時々ただならぬ陰鬱な空気が見え隠れする瞬間があって、それが楽しみで読み進めていったっていうのは結構大きいので、可能なら今後こういう雰囲気で突っ切ってほしい2014/08/04

1_k

2
テンプレバトル物なのだが、モッサりしたパッとしない印象。中盤になるまで一体話の方向性がどこに向かうのか(ダンジョン探索なのか、ボス討伐なのか、それとも能力者同士での決闘なのか、PTメンバー集めなのか)はっきりしないためか。要素要素はどこかで見たようなよくあるものばかりの割には、情報の出し方がワンテンポ遅れる上に唐突感があるのも効いているか。多分、メンバーも揃って攻略目標もはっきりした次巻以降は普通に盛り上がると思う。2014/08/19

真白優樹

2
謎の病気におかされた子供たちが異界の果てをめざし戦う物語。・・・主人公君がとんでもない過去がありそうで凄まじく背筋が冷えるんだが・・・主人公がつかみどころがないもののヒロインが芯が一本通っておりとてもいい。次巻も楽しみである。2014/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8208266

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす