中経☆コミックス<br> コミック版 女子高生ちえの社長日記

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中経☆コミックス
コミック版 女子高生ちえの社長日記

  • 著者名:甲斐莊正晃/ミユキ
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • KADOKAWA(2014/07発売)
  • 初冬の週末!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~12/6)
  • ポイント 250pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「楽しめながら」「ためになる」紙書籍でロングセラー会社経営ビジネスノベルを「さらにわかりやすく」コミック化! 17歳の女子高生が、父親の急死で、突然社長に――。ちえは会社を切り盛りしていくことができるのか?

目次

なんで私が社長なの?
傷んだキャベツも捨てちゃいけない理由―「減価償却」と「在庫月数計算」
工場と営業、悪いのはどっち?―「在庫の3悪」と「需要予測」
先に売り切れるおにぎりはタラコと昆布どっち?―「棚卸し」と「欠品率」
会社でも三者面談がいるかしら―「OEM」と「QCD」
会社の中にも特急が走っているのね―「リードタイム」と「ロットサイズ」、「内示」と「先行情報」
子どもっぽい手にはだまされない―「会社と印鑑」、「JIT(ジャスト・イン・タイム)」
売れないモノをつくってしまうのはなぜ?―「ISO」と「POS」
フリマはアイデアの宝庫―「知的財産権」と「製品コンセプト」
おいしいリンゴをつくるのは誰?―「納期回答」と「品質管理」
社訓って古くて新しい―「企業のブランドづくり」
ブランドって会社がつくるもの