逃走

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

逃走

  • 著者名:薬丸岳【著】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • 特価 ¥508(本体¥462)
  • 講談社(2014/08発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062778695

ファイル: /

内容説明

死んだはずのあの男がいた。小さかった妹とふたりで懸命に生きてきた二一年間はなんだったんだ? 傷害致死で指名手配されたのは妹思いで正義感が強い青年。だが罪が重くなるとわかっていて彼は逃げ続ける。なんのために? 誰のために? 渾身の全面改稿、ほぼ書下ろしの秀逸ノンストップ・エンタメ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

三代目 びあだいまおう

289
『圧倒!これが薬丸岳の底力』と帯が叫んでいた。とうに死んだはずの男が生きていて、衝動的に問い質し殴り殺してしまった青年。母親が殺人容疑で捕まって以降、苦しみ我慢しながら幼い妹と必死に生きてきた青年が傷害致死で指名手配!逃走しながらも彼には目的が。親が隠し通した秘密、苦しみの連鎖は避けられなかったのか。あの時の選択は正しかったのか?設定とプロットは見事!疾走するように読み進む。が、展開と謎が容易に想像できて事前期待の煽りを恨む。罪と罰、後悔と苦しみ。私が青年の立場だったら!とても責めることはできない‼️🙇2020/02/02

ミカママ

176
ふむふむ、なるほどね〜。突き詰めてしまうと、ミステリーにありがちな「出生の秘密」が縦糸のストーリー。さしずめ、兄妹愛が横糸か。「あーいいなぁ、あたしもこんなお兄ちゃんがほしいなぁ」と思いを馳せながら読了。テンポよくグイグイ読ませる筆力は、さすが薬丸さん、でした。2015/07/18

じいじ

131
 薬丸さん、上手い!面白い。緻密な物語の組み立ては流石です。いきなり傷害致死の事件が…。犯人の「逃走」と裏に潜む過去の謎が本筋。犯人の被害者への怨念を核に謎解きが綴られる。根底に流れるイジメ問題、親友って?、母親とは?、家族って?…についても考えさせられた。読了後に心地いい余韻が残るエンタメ・ミステリーです。2018/01/13

アッシュ姉

115
初めて読む作家の本だったら、面白いと思ったかもしれない。薬丸作品としては物足りないので少々辛口。タイトルからハラハラヒリヒリする逃亡劇を期待してきたが、追い詰められていく緊迫感はあまり感じず、逃げ続ける心情も響いてこないし、逃走理由も弱い。真相が解き明かされていく展開は巧いが、意外性は薄い。そもそもの発端の出来事で取った対応が納得できないので、全体的に腑に落ちない印象。あの家族にはもっと違う選択があったのではと思わずにはいられない。2016/10/05

hit4papa

112
殺人を犯してしまった青年の逃避行を描いた作品です。幼い頃、母が父を殺害したため、妹との施設での暮らしを余儀なくされてしまった主人公。不幸な生い立ちにもめげず慎ましく暮らしていた彼が、逃亡してまでも確かめたかったこととは何なのか。と、薬丸岳作品の代名詞ともいうべき家族をテーマにした重~いストーリーです。主人公が明かにしていく両親の過去。2/3ぐらいで、せつない真相は判明してしまうので、もうひと捻りちょうだい!とつぶやいてしまいました。連載時から単行本、文庫と内容が異なるらしくマニアな心をくすぐります。2018/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8114906

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。