ハーレクイン<br> 放蕩子爵とレディ

個数:1
紙書籍版価格 ¥906
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン
放蕩子爵とレディ

  • ISBN:9784596331908

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

おなかの子のために、
わたしと結婚するですって?

いわれなき噂を立てられ、社交界を追われたリディア。ある夜、張り込みの記者につかまり、はずみで足首を怪我したところを、放蕩子爵エイドリアンに助けられた。今までつらい目ばかりを見てきたリディアは、彼の優しさに触れ、たくましい胸に思わず飛びこんでしまう。それは、女としての悦びを初めて教えられた一夜だった。また彼と会いたい……でも、これ以上噂の的になるわけにはいかない。そう思った彼女は、心を鬼にしてエイドリアンを追い返した。まさかその後、彼の子を身ごもったことを暴く記事が、新聞紙上に躍ることになるなど夢にも思わずに。■『侯爵のひたむきな愛』(PHS-40)で印象的な役割を演じていた
エイドリアンがヒーローとして登場します。彼が魅せられたのは、
醜聞の渦中にいるレディ。二人の恋のゆくえにどうぞご声援を!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

じょう

8
「侯爵のひたむきな愛」の悪人の妻がヒロイン。「歌姫に薔薇の花を」「侯爵のひたむきな愛」のコミック版を読み返すと、ヒーローのエイドリアンはポムロイと呼ばれ、タナーの友人として登場してるけど、とっても野暮ったい!!脇役のキャラ設定は続編を考慮しておいて欲しいです。三浦浩子さんで今作のコミック化はないかなと思いました。 亡夫のせいでスキャンダルに書きたてられるヒロインが可哀想。新聞記者とヒロインの実家に腹が立つ。ヒーローの両親は俗っぽいけど良い人達。でもやっぱり、タナートン侯爵は今作でもとっても良い人です。2014/07/31

ひまわり

2
前作タナーの友人だったヒーロー。2014/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8097525

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。