人前で3分、あがらずに話せる!33のルール

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

人前で3分、あがらずに話せる!33のルール

  • 著者名:金井英之
  • 価格 ¥1,031(本体¥938)
  • すばる舎(2014/06発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784799103548

ファイル: /

内容説明

あがりを克服する確実な方法は、「話し方の基本」をしっかり身につけることです。本書では、あがりを抑える対処法にとどまらず、あがりを根本から克服するための方法を具体的に紹介していきます。
「話し方の基本」となる、「話の組み立て方」「聞き手を惹きつける話し方」「絶対忘れない記憶法」「本番に強くなれる暗示のかけ方」「あがりを抑える動作の基本」のほか、場面別の「スピーチ例」も豊富に収録! 著者が40年以上、あがり克服で実績を上げている方法を惜しみなく公開しています。

目次

1章 あがりは誰でも克服できる!
――恐怖心が消える「準備」&「暗示」のコツ

2章 コレで「良いスタート」を切れる!
――マイク前での「動作」&「切り出し」で差がつく

3章 人前で3分、キチッと話せる「スゴい準備」
――「原稿作成」「記憶法」「練習法」の決め手

4章 話がスッキリまとまる「組み立て」の基本
――朝礼、ミーティング、歓送迎会、結婚披露宴でのスピーチ例

5章 興味を引きつける「組み立て」で話す
――新年会、納会、懇談会でのスピーチ例

6章 「最初の10秒」はこうして決める!
――聞き手を引き込む「切り出し」事例

7章 聞き手が身を乗り出す話し方の「決定版」!
――この工夫で、印象に残る話になる

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

><

39
初版2014年。まず3分という時間をクリアしようと、読むことにしました。読み進めていくと、3分という長さが基本で、そこがきちんとできるようになると、どれだけ長い時間であっても、その積み重ね、積み重ね、、というふうに伸ばしていけるとのこと。確かに。話を展開していくポイントなども、例文を使って、わかりやすく説明されています。うーん。難しいなぁ。どうしたら、そんなふうに展開していけるんだろう。相手の話を聞くことはできても、理解するっていうのが深く、難しくて、そこを学んでいく必要がある気がする。勉強になりました。2017/02/27

Em

6
2014年の本。あがり"性"はなおせる、から始まり、心構えや練習法などが書かれる。体感ではあがり性克服よりも、スピーチなどの際に使う技術、についてより多く書かれていた印象。具体例が多く、また文章も簡潔、絵も多いので最初に読むに適していた。実践したい項目は5つ、物や言葉などおまじない的なものを持つ、電車に乗った際この人たちの前でスピーチすると想像し人目に慣れる訓練、しっかりとしたおじぎから始めて深呼吸、原稿は要点でまとめ映像化して記憶する、そして10回以上は練習をすること。2019/04/13

mocyuto

1
とにかく自信をもって発表に臨むことが重要と言っている。 んーそのマインドに持っていくのが結局は大変だったりする。2014/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8152903

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。