自民党政治の変容

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

自民党政治の変容

  • 著者名:中北浩爾【著】
  • 価格 ¥1,134(本体¥1,050)
  • 特価 ¥793(本体¥735)
  • NHK出版(2015/10発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

変わり続ける自民党の実像

政権を奪還し、憲法の改正や解釈見直しへと向かう自民党。
激しい派閥抗争や利益誘導政治といった自民党らしさは、もはや過去のものになりつつある。
いかにリベラル派は衰退し、右派が主導権を握ったのか。
なぜ多元性が失われ、一枚岩化が進んだのか。
自主憲法の制定、小選挙区制の導入、総裁選挙の改革など、理念と組織をめぐる路線対立を結党までさかのぼり、資料の緻密な読み込みに基づいてダイナミックに描き出す。
現在に至る戦後日本政治に新たなイメージを与える力作。

■目次
はじめに
第一章 党近代化と小選挙区制導入の試み
[一 岸信介と小選挙区法案の挫折/二 三木武夫と党近代化の失敗/三 田中角栄と小選挙区制の再挫折]
第二章 総裁予備選挙の実現と日本型多元主義
[一 三木・福田と総裁予備選挙の導入/二 香山健一と日本型多元主義の台頭/三 大平・中曽根と日本型多元主義の隆盛]
第三章 政治改革と自社さ政権
[一 小選挙区制の再浮上と小沢一郎/二 政治改革の実現と日本型多元主義の敗北/三 自社さ政権とリベラル派の優位]
第四章 二大政党化と自民党の右傾化
[一 リベラル派の凋落と「加藤の乱」/二 小泉純一郎と新自由主義的改革/三 安倍晋三と右傾化の進展]
おわりに