富士見ファンタジア文庫<br> しけたい  ~日本史で試験対策委員会~

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
しけたい ~日本史で試験対策委員会~

  • ISBN:9784040701110
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

藤嶋陸に与えられたミッション、それは日本史の試験で赤点を取ってしまった特待生の二人・鈴乃と優花を追試で合格させることだった。優等生の里子と天才幼女のオルガとともに陸の「試験対策委員会」が始まる――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シュエパイ

14
にゅおぉぉぅぅ・・・なんていうか、頭の中がぐちゃごちゃしてきて、誰が誰なのかわかんなくなる場面が多かったのです・・・(;´Д`)んと、先生と里子さん、どっちか一人でよかったような。あと、アイドルの子と陸上部の子、喋ってる時の個性が区別つかなくてさ迷い続けたような。なんていうか、会話劇って過剰なくらいにしゃべり方や意見の個性を出してくれないと、判別つかないよう。。。2014/06/01

湯立

13
変わったタイトルにひかれて購入。が、50頁くらいでギブアップ。その理由は..今日はもうネガティブなことを書きたくないので、簡単にすますと「読む時間がもったいないから」ということです。金銭の浪費は無かったことにできないので、せめて時間の浪費は防ごうかと..2014/05/23

1_k

12
なんじゃこりゃ! GJ部の試験勉強版を目指したのだろうが、すべての要素が中途半端すぎて、残念な仕上がりに。キャラ紹介も無しに、更に各キャラを最大限活かすような(GJ部だと同じシチュエーションでの各人の反応の違いとか、生存では同じテーマに対する発想の違いとか)展開にしないものだから、半分くらいまでは誰が誰だか分からん。掛け合いもコメディもパロネタも、しっかりしたストーリーの合間に挟まれれば十分な品質でも、それ単体だと厳しい。試験ネタもガッツリした日本史知識で攻めてくるわけでもなく。なにもかもが中途半端。2014/05/29

みくきのこ™

10
1000冊目。 「いちごぱんつで本能が」という帯を見て購入。語呂合わせも半分くらいは頭に残ったような気がします。ラノベならではの語呂合わせで現実の試験にも対応するというアイデアはとてもいいと思いました。 中高生の時にこの本が出ていたらうれしかったかな。 が、おしい。会話が多いのも説明が多いのも結構なんですが、どうも話にメリハリがない。淡々と話が進んでいき、全体としてライトノベル的な面白さを感じられなかった。主人公に魅力がないのかなーと。2014/06/20

わいやで

8
うーん。ちょっと絵以外にほめるべきところが見つからない。そしてこの作者の文章は毎回人を選ぶよなぁ。作品としては日本史の語呂合わせネタを中心にした日常系コメディか。昔バカテスの作者が「つらい勉強を楽しくできたならって発想で書いた」みたいなことを言っていて、おそらくこの作品も着想としてはそういうところにあったんじゃないかと思われる。が、とにかく楽しくない。いちおう読了したけれど中盤あたりからは「はやく終わらないかなぁ」っていうあの感覚に襲われた。残念。2巻は出ないだろうなぁ。2014/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8067562

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。