ファミ通文庫<br> ルガルギガム 上 黄昏の女神と廃墟の都

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ファミ通文庫
ルガルギガム 上 黄昏の女神と廃墟の都

  • 著者名:稲葉義明【著者】/toi8【イラスト】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • KADOKAWA(2014/06発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784047295575

ファイル: /

内容説明

平凡な高校生天城颯也は、ある日突然異境に放り出された。そこは、神々【ネフィル】が君臨し、魔術や幻獣、怪異が存在する神話の世界だった! 世界を渡る〈星門〉を求め、同じ〈外の者〉の戦国時代の野武士や、守護天使つきのニューヨーク市警、訳ありの十字軍騎士らと、〈瘴気〉たなびく廃都【バビロン】の探索に挑むソーヤ。とにかく家に帰りたい、その一心の彼だったが、運命の恋人を自称する女神ラクエルによって、思わぬ状況に追い込まれ――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

42
バビロン崩壊後の古代メソポタミアを舞台とした、異世界古代ファンタジー。どうしても説明が多くなるくらいには、あまり例のない舞台があり、主人公の日本人高校生ソーヤだけでなく、様々な時代や国の登場人物が多数存在し、さらに魔術や幻獣、怪異などが混在するお話で、その辺を許容出来るだけのポテンシャルは、世界観として提示できているのかなと感じました。女神ラクエルとの関係性を否定する序盤の主人公の態度には、ややくどさを感じたものの、全体としては下巻に向けて様々なものを提示した巻だったと思うので、続きを楽しみにしています。2014/04/03

海猫

39
作者は本格ファンタジーを書こうとしてそれをライトノベルの枠に落とし込もうと苦心しているのは理解できる。しかしこれはいくらなんでも語り口がマズすぎ。特に冒頭の掴みの悪さ手際のまどろっこしさはかなりしんどい。設定をガッチリ固めてはいてもストーリーとして昇華出来ていないのはかなり問題だと思う。2014/05/13

シンヤ

30
とりあえず上巻までの触りの感触で。ラノベっぽくないな。むしろラノベにせずに振り切った方が映えたかなという印象ですかね、どちらかというか海外ファンタジー系な作品な読み口です。世界観造形は、かなり詰め込んだ割には整っていて舞台配置としては上々かなと。しかし濃いので重厚と捉えるかクドいと捉えるかで分かれそうな印象かなと、造り自体はいいと思います。あとは物語的に説明は、読みやすいのですがウェイトが高めでちょっとスロースターターで、入り込むまでが鍵かなと。あと全体的に硬いですね、その硬さがラノベらしくないかなと。2014/04/06

まりも

30
ラノベとしては珍しい硬派なファンタジー作品。上巻ということもあり盛り上がりには欠けていたけどこういった雰囲気は好きですね。古代メソポタミアが舞台ということもあって最初は説明メインなので物語の進行速度はかなりゆっくりですが後半くらいから動きだすので問題はないかな。弱い主人公が知恵を振り絞って強敵を倒すっていうのはいいな。ラクエルも僕っ娘でかわいいしこれはいい作品だわ。2014/04/03

Yobata

29
突然別世界に放り込まれた天城颯也。そこは魔術や魔獣が存在するメソポタミアだった。同じ境遇の〈別の者〉と共に元の世界に帰れる星門を探す一方、自分を運命の相手だと言う女神ラクエルに振り回され…。異世界召喚神話ファンタジー。当然の様に進む設定量の多さと転換の多い場面に最初はついていけず困惑するものの、メソポタミアという世界観の魅力にすぐにのめり込めたw元の世界に帰るために危険な地を歩むソーヤは、その思いに対しては一貫してるものの、ラクエルについてはどう思ってるのかちょっとわかりきれなかったな…wラクエルと仲が→2015/03/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7997421

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす