富士見ファンタジア文庫<br> マジカル†デスゲーム1 少女は魔法で嘘をつく

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
マジカル†デスゲーム1 少女は魔法で嘘をつく

  • ISBN:9784040700601
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

愛葉レナは魔法少女。ある日相棒のクールな美少女・フブキと共に、魔法学園に召集される。集められた魔法少女は13人。この中に一人だけ混ざっている魔女の嘘を「投票」によって見破り、「処刑」せよと命じられて?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

23
表紙が某魔法少女ものに似てたので購入。序盤は普通にゆるい日常。1人死んでから一気に物語が動き出疑心暗鬼な状況での心理戦となってからは作品に緊迫感が生まれあっという間に読み終わった。魔法の活かし方が微妙、心理描写不足な点は残念だけど前編としては十分な出来だったかな。読んでいて予想はしたけど予想を覆すような展開になるのか次巻早く読みたい。2014/03/23

アウル

20
人狼もの。育成計画とは違い魔法をトリック等に使うタイプかな?その分ミステリー要素が薄くなると思う。魔法の説明が捉え方によって変わっていくので解決がどうもっていくのか楽しみ。イラストもよかった。出すなら連続刊行がよかった。2014/03/29

シンヤ

20
まあまあ。非常にセオリー通りのクローズドサークルですね。絶対にフラグだって制約を見事に回収してくれる安牌な造りのコンゲームラノベ。ペナルティは重いが、読み口としては非常にライトかな。登場人物造形、配置展開としては、よくも悪くもわかりやすい。大枠は問題ないが、導入が緩くて長いのと、心理描写が薄めなので、緊張感・殺伐感が足りないかなというところですかね。あとあまり魔法少女設定が活かされていないところかな。ミステリとして読むとかなり物足りないかもかな、懐かしいなんちゃってミステリ感がある。もう少し心理戦を頼む。2014/03/23

サキイカスルメ

15
魔法少女が集まる+マスコットキャラ登場=誰かが死ぬの図式が……。12人の魔法少女たちが、その中に一人いる魔女を捜し当てるまで終わらないデスゲームのお話。魔法少女+人狼+百合でした。あんまり魔法が活躍しませんでしたが……後半でもっと出てくるのかな。形式としてはゲームが始まる前の魔法少女たちと、ゲーム進行中の場面が交互に繰り返されます。いい子だというのがわかってるのに死んでしまうのが心を抉ってきますね。犯人はあの魔法を持ってる子かなぁと予想してます。でもそれだと簡単すぎるな、とも思ったり。続きが気になります2014/04/27

T.Y.

15
魔法少女13人を集めて行われる人狼ゲーム。この中に1人「魔女」がいるので、魔女と思う人を投票せよ、最多得票を集めた人が処刑されるという…。最初は事態の深刻さが分からないまま、投票という形で誰もが罪を背負ってしまう形になっているのがポイント。死の恐怖と罪の重み、極限状態で魔法少女たちの選択は…。魔法は騙し合いに活用されている模様。気がかりは、モチーフが「魔法少女」であることがいかなる問題意識に基づいているのかという点かな。この1巻だけだとまた途中で真相も不明だし、その辺は2巻以降次第だろうか。2014/04/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7987568

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。