文春文庫<br> 柚子は九年で - 随筆集

個数:1
紙書籍版価格 ¥626
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
柚子は九年で - 随筆集

  • 著者名:葉室麟
  • 価格 ¥589(本体¥546)
  • 文藝春秋(2014/04発売)
  • 春 満開!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/21)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「自分の残り時間を考えた。十年、二十年あるだろうか。そう思った時から歴史時代小説を書き始めた。老いを前にした焦りかと思ったが、二度とあきらめたくなかった」――50歳で創作活動を始め、第146回直木賞を『蜩ノ記』で受賞した、いま最も中高年に支持されている作家・葉室麟、初めての随筆集。若き日々への回想や出会った人々や書物、直木賞受賞後のあれやこれや。江戸時代の博多を舞台にした短篇小説「夏芝居」も収録。

目次

随筆 たそがれ官兵衛(墓場鬼太郎 黒田如水 るしへる ほか)
折々の随筆(松本清張『天保図録』政治の「悪」描いた時代小説 一本の矢 消された英雄 ほか)
直木賞受賞後に(早乙女さんのこと 柚子の花が咲くとき わたしにとって男の理想像 ほか)
短編小説 夏芝居