DIS+COVERサイエンス<br> 西暦536年の謎の大噴火と地球寒冷期の到来

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

DIS+COVERサイエンス
西暦536年の謎の大噴火と地球寒冷期の到来

  • 著者名:河合潤【著】
  • 価格 ¥864(本体¥800)
  • 特価 ¥604(本体¥560)
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン(2014/02発売)
  • 寒さに負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/22)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

西暦536年、過去3000年間で最大の火山の大噴火が起こった。まきあがる噴煙は空をおおい、太陽はさえぎられ、やがて地球規模の大寒冷時代がやってきた。
はるか昔の自然災害であるにもかかわらず、研究者たちは、どのようにしてその証拠を求めたのか? 巨木の年輪を測定し、極地の氷床を分析し、25万頁にもなる古文献を調査して解明したこととは------。
天候激変による飢饉と旱魃を引き起こし、東ローマ帝国を衰退させ、ゲルマン民族の大移動、イスラム教の誕生、さらには日本の「天の岩屋伝説」にまで原因した人類史の事件に、科学の眼が迫る。

目次

第1章 西暦536年の火山噴火(NASAの古典文献研究―宇宙研究機関が25万ページの歴史書を調べる 査読―独創的な研究ほどはねられるのはなぜか? ほか)
第2章 気候変動の人類への影響(気候変動と民族大移動―ゲルマン民族と中央ヨーロッパの大混乱 気候変化による国家の滅亡―寒冷化変動でも日本は勝ち組か? ほか)
第3章 天の岩屋の神話(536年の日本の内乱?―真珠が千箱あってもどうして凍えるのを救えようか 『古事記』と『日本書紀』―180年も前の飢饉の記録 ほか)
第4章 恐竜絶滅と核の冬理論(彗星衝突説再び―オーストラリア近海で2個の彗星が1500年前に衝突 世界史の本当の主役―歴史を粗視化して見る ほか)