事業創造のロジック ダントツのビジネスを発想する

個数:1
紙書籍版価格
¥1,870
  • 電子書籍
  • Reader

事業創造のロジック ダントツのビジネスを発想する

  • 著者名:根来龍之【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 日経BP(2015/06発売)
  • ポイント 17pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822249878

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

競争戦略やビジネスモデルの理論や手法をクリエイティブに使いこなすための「考える力」を磨く――。それが本書のメインテーマです。経営学を学んだことがない人でも読み進められるように、経営学が教える基本を示しながら、基本を超えていくためのヒントを提示します。わかりやすい事例を分析しながら、ビジネスモデルの設計や革新に役立つヒントをふんだんに紹介します。

ビジネスモデルは「頭の中にある理想」であって、現実は「矛盾だらけ、制約だらけ」です。経営者が思っている通りに人は動きません。あるいは経営者の言っている通りにするとうまくいかないから、現場が工夫して、経営者が意図したビジネスモデル通りではないことをしている場合もあります。そういう現実の中を進んでいくためには、ビジネスモデルに埋め込むロジックに「できの良さ」が求められます。王道を行くか、クレイジーになるか。ダントツ企業の選択を紹介します。

目次

第1部 出発点(「ジョブの再定義」と「制約外し」―キンドルを発想する 戦略モデルと収益モデル―顧客をど真ん中において考える)
第2部 因果関係(突き抜けるロジック―玉子屋を発想する クリエイティブな作戦―原理を「利用する」「裏切る」「創出する」 ほか)
第3部 妥当性と正当性(ビジネスモデルのコンテキスト―「前提」は正しいか? 妥当性―ネットスーパーを発想する ほか)
第4部 模倣困難性(競争優位の活動システム―サウスウエスト航空を発想する 活動システムの部分化―ポーターの理論の改造 ほか)
第5部 発展性(「次」の設計―「不整合」が進化のタネになる 非連続的な進化―ディー・エヌ・エーを発想する ほか)