新人物文庫<br> 神社の古代史

個数:1
紙書籍版価格 ¥810
  • Kinoppy
  • Reader

新人物文庫
神社の古代史


ファイル: /

内容説明

古代史における神社の位置づけを見ると、現在では想像もできないほど時の権力者や政治と密接に関わっていた……。今は静かにたたずむ神社の新たな一面を解き明かす! ※本作品は紙書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

目次

第1部 神社に秘められた古代史(塩竃神社―塩土老翁神が伝えた“塩”の力で、王権にも一目置かれた陸奥国一宮 鹿島神宮―蝦夷征伐に際して武運長久を祈った、タケミカヅチを祀る神社 氷川神社―地方にありながら急速に発展した、関東におよそ二〇〇ある氷川神社の総本社 熱田神宮―三種神器「草薙剣」を祀るようになる、創建に秘められた謎 諏訪大社―風鎮めの神として中央からも信仰を集めた、本殿のない神社 ほか)
第2部 古代豪族を祀る20の神社(石上神宮と物部氏―神宝・七支刀を伝える物部氏の社 宗我都比古神社と蘇我氏―蘇我氏の発祥伝承を伝える、有力豪族の守り神 平群坐紀氏神社と紀氏―平群に鎮座する紀氏氏神の社 高鴨神社と賀茂氏―山岳地帯に鎮座する海の民の社 ほか)