角川SSC新書<br> 勝海舟が絶賛し、福沢諭吉も憧れた 幕末の知られざる巨人 江川英龍 - 勝海舟が絶賛し、福沢諭吉も憧れた

個数:1
紙書籍版価格 ¥928
  • Kinoppy
  • Reader

角川SSC新書
勝海舟が絶賛し、福沢諭吉も憧れた 幕末の知られざる巨人 江川英龍 - 勝海舟が絶賛し、福沢諭吉も憧れた


ファイル: /

内容説明

11年に及ぶ江川文庫総合調査で目録に掲載された7万点の資料のうち、なんと4万点弱が重要文化財に指定された。本格的な分析はこれからだが、これまで知られていた事実の評価の見直しや、新たな幕末像が見えてくることは間違いない。知る人ぞ知る幕末の俊英であった江川英龍だが、幕末・維新の偉人たちが評価してやまない巨人であったのだ。国防からの韮山反射炉・お台場の建設、奇兵隊に先駆けて農兵を組織、近代軍隊の様々な施策(なんと軍用携帯食として初めてパンを焼き、パン祖とも言われる!)。そして、精緻かつ多数の絵画を残す風流人でもあった。今回の総合調査と韮山反射炉の世界遺産推薦をきっかけに、脚光を浴びる江川英龍の最新の研究結果が今ここに明らかになる。

目次

序章 江川文庫の資料価値とその調査
第1章 今なぜ、江川英龍(坦庵)なのか?
第2章 英龍、誕生す!―英龍を生んだ江川家の歴史と家風
第3章 英龍、我を磨く!―家族愛を目覚めさせた父・英毅(三十五代)と母・久の教育
第4章 英龍、奔走す!―代官就任とその活動
第5章 英龍、大自然に学ぶ!―絵画にみる科学者としての目
第6章 英龍、国を憂い動く!―海防建議と台場建設
第7章 英龍、次代に夢を託す!―人材の育成と進取の精神