滅亡へのカウントダウン 〈上〉 - 人口大爆発とわれわれの未来

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

滅亡へのカウントダウン 〈上〉 - 人口大爆発とわれわれの未来

  • ISBN:9784152094254
  • NDC分類:334.3

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

4日半ごとに100万人の割合で増加し続ける人口は、地球環境にいかなる影響を及ぼすのか? 少子高齢化のなかで繁栄を保つ日本を始め20余カ国で徹底取材。『人類が消えた世界』を超える傑作

福岡伸一氏絶賛!
「地球が扶養できる生物の数には限界がある。こと人間の数に関しては、すでに、はるかに限界を超えている。過剰な水素が一気に爆発するように、カタストロフの日は近い。そのとき地球に何が起きるのか。そうならないため今できることは? 本書の中にその答がある」

人口が地球の収容限界を超えるとき、いったい何が起きるのか? 世界的ベストセラー『人類が消えた世界』の著者が放つ衝撃のレポート。

すでに70億人に達し、今世紀中には100億人を超えると予想される世界人口。4日半ごとに100万人の割合で増え続ける人類は、地球環境にいかなる影響を及ぼしているのか?
  加速する温暖化、続発する異常気象、生物多様性の喪失――こうした環境問題の根本に過剰な人口があるのだとしたら、すべての文化圏に属する人が納得できる人口抑制の方法はあるのだろうか? さらに、絶え間ない人口拡大と成長に依存しない新しい経済システムを設計することは可能なのか? 果たしてわれわれは、今後も存続していくことができるのだろうか?
  世界的な環境ジャーナリストが中国、ニジェール、インド、ヴァチカン、日本など20余カ国を旅しながら考える。人口学者、生態学者、経済学者、宗教指導者ら、あらゆる人々の肉声から見えてくる未来とは? 人類が直面する今世紀最大の問題に迫る必読のノンフィクション。
(序文「日本の読者へ」を特別収録)

目次

第1部(疲弊した土地が提起する四つの疑問―イスラエルとパレスチナ はち切れそうな世界―さまざまな限界 人員総数と食料のパラドックス―エーリックとボーローグ 人口扶養能力と揺りかご―地球にとっての適正数)
第2部(島の世界―イギリス 教皇庁―ヴァチカンとイタリア 人間に包囲されたゴリラ―ウガンダ 人間の長城―中国)
第3部(海―フィリピン 底―ニジェール)

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす