心を動かす!「伝える」技術 五輪招致7人のプレゼンターから学ぶ

個数:1
紙書籍版価格 ¥788
  • Kinoppy
  • Reader

心を動かす!「伝える」技術 五輪招致7人のプレゼンターから学ぶ


ファイル: /

内容説明

滝川クリステルのビジュアルハンド、太田雄貴の勝負顔、安倍首相のジャッジを導く魔法の手……あの奇跡のプレゼンから「スピーチの技術」を学びとる! 感性に訴え共感を呼ぶスキルは、エクササイズを通じて体で覚えこむ。一生もののスキルを身につける!

2013年9月7日、多くのIOC委員たちに「よし、2020年はTOKYOに任せよう!」と一票を投じさせた要因とは何だったのか? 「話し下手」のイメージが強かった日本人が、世界の舞台で堂々と話して見せた姿に、国民も誇らしく、日本中は興奮に包まれた。
7人のプレゼンターは、それぞれの役割を十二分にこなし、IOC委員の心をまさに「動かした」のだ。心を動かす伝え方とは、伝える内容のみならず、豊かな表情やジェスチャー(手の動き)、目線や言葉のスピード、声のトーンなど非言語系の力にも支えられてこそのものだった!

目次

第1部 オリンピック招致7人のプレゼンターに学ぶ「伝える」技術(滝川クリステルさんから学ぶ「ビジュアルハンド」 太田雄貴さんから学ぶ「真顔の魅力」 水野正人さんから学ぶ「見せる力」と「聞く力」 佐藤真海さんから学ぶ「心に届く目の使い方」 安倍晋三首相から学ぶ「声の使い方」と「立ち姿」 猪瀬直樹知事から学ぶスタート直後の「強い手と声」 竹田恆和さんから学ぶ「自信」の作り方・表し方)
第2部 伝えるコンテンツをいかに構成するか―チームプレゼンから、コンテンツの構成の仕方を学ぶ(三種類の「起」の組み合せで、あっと言わせる 「承」は、“ゴールデンサークル”の手法で展開 「転」は、三本の矢でハートをワクワクさせた 仕上げの「結」は、媚びずに毅然とシンプルに)
第3部 伝えるための「準備と練習」をどう行うか―プレゼンに対する意識革命をもたらした五輪招致のスピーチ(プランと演出の準備 プレゼンターのパフォーマンスの準備 リハーサル フィードバック)