中公文庫<br> 馬の世界史

個数:1
紙書籍版価格
¥836
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

中公文庫
馬の世界史

  • 著者名:本村凌二【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 中央公論新社(2013/12発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784122058729

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

馬は、人間社会のなかで、多種多様な役割を担わされてきた。太古には狩猟の対象になり、やがて車を引き、人を乗せ、人間の世界に深く入りこんだ。人が馬を乗りこなさなかったら、歴史はもっと緩やかに流れていただろう。戦争、交易、世界帝国……、馬から歴史を捉え直す。JRA賞馬事文化賞受賞作

目次

プロローグ―もし馬がいなかったら、二一世紀はまだ古代だった
人類の友
馬と文明世界―戦車の誕生
ユーラシアの騎馬遊牧民と世界帝国
1 西方ユーラシア
2 東方ユーラシア(ポセイドンの変身―古代地中海世界の近代性 馬駆ける中央ユーラシア アラブ馬とイスラム世界 ヨーロッパ中世世界と馬 モンゴル帝国とユーラシアの動揺 火砲と海の時代―近代世界における馬 馬とスポーツ)
エピローグ―われわれは歴史の負債を返済しただろうか