最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,090
  • Kinoppy
  • Reader

最後の職人 池波正太郎が愛した近藤文夫

  • 著者名:中原一歩【著】
  • 価格 ¥1,705(本体¥1,550)
  • 講談社(2013/12発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

近藤文夫は高校卒業後、ホテル「山の上」に入り23歳で料理長に抜擢される。その姿はやがて、ここを常宿にしている文人たちの目に留まるようになる。なかでも池波正太郎との出会いは近藤の人生を変えた。1993年に独立、銀座に「てんぷら近藤」を構える。ここで脇役扱いされてきた素材の研究をすすめて、いままでにない「野菜てんぷら」を考案していく。その生き様を描きながら、なかなか見られない厨房、河岸など舞台裏に迫る。

目次

第1章 二人の恩人
第2章 魚河岸通い
第3章 二つの鍋
第4章 さつまいもの公式
第5章 幻の花を求めて
第6章 「てんぷらはもうやめや」
第7章 最後の職人