行人坂の魔物 みずほ銀行とハゲタカ・ファンドに取り憑いた「呪縛」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader

行人坂の魔物 みずほ銀行とハゲタカ・ファンドに取り憑いた「呪縛」

  • 著者名:町田徹【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 講談社(2013/12発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

目黒・行人坂は、江戸時代に火付けの大罪をおかした「八百屋お七」の井戸があるだけでなく、明和の大火を引き起こした凶事の地として知られる。この地で発展した目黒雅叙園は、イトマン事件をはじめとする数々の経済事件の舞台となってきた。バブル経済の崩壊後、ハゲタカ・ファンドがこの雅叙園を買収。ハゲタカに踊らされた大手邦銀は、今も「債権飛ばし」を続けている。なぜ、禍禍しいこの土地で、人々は翻弄され続けるのか。

目次

第1章 目黒行人坂の魔物
第2章 目黒雅叙園
第3章 ハゲタカローンスター
第4章 ハゲタカの守護神