闇に葬られた歴史

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy
  • Reader

闇に葬られた歴史

  • 著者名:副島隆彦
  • 価格 ¥1,279(本体¥1,185)
  • PHP研究所(2014/07発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

歴史とは、いったい何なのだろう? 古代のことはもちろん、戦国時代や江戸時代のことですら、文献(時には絵画)などでうっすらわかるのみで、その真実はどうにもわからない。そして、学界などでは、「このことについては、こういうことになっているのだ」ということでアンタッチャブルにし、思考停止させている向きもあるようである。 つまり、歴史には「触れてはいけないこと」が、たくさんあるのだ。それは、「日本書紀」に書いてあることが(事実のわけがないのに)信じるに足るとされていたり、「本能寺の変」で、なぜ織田信長の遺体は見つからなかったのか……というようなことだ。本書で、著者は、こうした日本史の、「みんながこと立てしないようにしていること」にあえて踏み込み、思考を縦横に重ねてゆく。そこから湧いてくるのは、歴史への本当の興味であり、そして、歴史を学ぶということへの醍醐味である。歴史の真の面白さに迫る一冊。

目次

第1部 戦国・江戸時代編(信長を殺害したのはイエズス会勢力だ―八切正夫説を支持する 徳川家康の正体―村岡素一郎『史疑』を蘇らせる 本当の戦場とはどういうところか―藤木久志説を支持する 松尾芭蕉とは何者か―江戸幕府の公儀隠密たち)
第2部 古代編(天皇とは「天の煌き」という意味で「北極星」のことである―斎川眞説を支持する 日本は漢代の華僑が作った―『日本史の誕生』の岡田英弘学説を支持する 聖徳太子は蘇我入鹿である―関裕二説と藤枝晃の研究を支持する)