SB新書<br> プロ野球で「エースで4番」は成功しないのか 知られざる二刀流選手列伝

個数:1
紙書籍版価格 ¥803
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

SB新書
プロ野球で「エースで4番」は成功しないのか 知られざる二刀流選手列伝

  • 著者名:小野俊哉【著】
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • SBクリエイティブ(2015/05発売)
  • 2月最後の週末!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~2/28)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

2013年のプロ野球で一番のトピックとなったのが、日本ハムの大谷選手が挑んだ「二刀流」だ。本書では、これまでのプロ野球における二刀流の系譜をたどり、知られざる名選手たちの「二刀流」エピソードを明らかにしていく。

一人の野球選手が、投と打の両面において活躍する「二刀流」。2013年のプロ野球、大谷翔平の「二刀流」挑戦が大きな話題となっている。当初は評論家らを中心に、大谷の二刀流には懐疑的な意見が多かったが、交流戦終了時点では、高卒ルーキーながら投では157kmの速球で先発2戦目に初勝利を挙げ、打では打率3割を超えてクリーンアップも任される活躍をしている。

プロ野球の歴史を見ると、二刀流の選手がいなかったわけではない。プロ野球黎明期の1リーグ制の時代では、川上哲治など野手と投手を兼任する選手も多かった。また2リーグ制になって以降でも、野球解説者でもおなじみの関根潤三などは二刀流経験者の一人だ。また1970~80年代頃までは、打力を兼ね備えた投手も多く、ファンを沸かせていた。

本書では、これまでのプロ野球における二刀流の系譜をたどり、知られざる名選手たちのエピソードを紹介。プロ野球の二刀流の歴史を紐解くことで、大谷選手の二刀流成功の可能性にも迫る。

目次

プロローグ―現代に復活した二刀流
第1章 二刀流全盛の時代―1930‐40年代
第2章 二刀流の衰退と強打の投手―1950‐60年代
第3章 一発の魅力を秘めた名投手―1970‐80年代
第4章 なぜ強打の投手は消えたのか―1990年以降
エピローグ―大谷と二刀流のこれから