幻冬舎単行本<br> 人生って、大人になってからがやたら長い

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,296
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎単行本
人生って、大人になってからがやたら長い

  • 著者名:きたみりゅうじ【著】
  • 価格 ¥1,036(本体¥960)
  • 幻冬舎(2016/02発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

大人になってからの人生って、実は結構イベントが多い。結婚したり、子どもが生まれたり、家族のために生命保険に入ったり、マイホームを購入したり。一方で、仕事に行き詰まったり、体力の衰えを痛感したり、親の老後に備えてみたり。大変なことばかりだけど、そのぶん、大人だからこそ味わえる充実と感慨がある――。果てしなく長いように思える「大人になってからの人生」の苦労と喜びを、時にユーモラスに、時にセンチメンタルに描くコミックエッセイ。

目次

第1章 30歳ってすごく大人だと思ってた。(転職と天職 子を持ち、親となる 生命保険に入る)
第2章 仕事をがんばることが大人だと思ってた。(デキる仕事人となるために 家を買う 仕事がキライになってきた)
第3章 正解を知ってることが大人だと思ってた。(講演でエヘン 学校の先生もタダの人 趣味を生きる)
第4章 自分はもう少し大人だと思ってた。(義父の死 時は金なり、逆も真なり ベンチャーな起業精神)
第5章 少しずつ、「大人であろう」と思っている。(人生の折り返し地点 子育て2段ロケット説 義母のおひっこし)