有害化学物質の話

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,015
  • Kinoppy
  • Reader

有害化学物質の話

  • 著者名:井田徹治
  • 価格 ¥730(本体¥676)
  • PHP研究所(2013/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

いま子どもたちが手にしている各種のプラスチック製品をはじめ、居間や食卓、トイレやお風呂まで、私たちが想像する以上に生活の身近なところに、有害な化学物質があふれています。最近の母親とその子どもたちの研究から、胎児や乳幼児などは化学物質への感受性が高く、ぜん息やアレルギー、運動面や精神面の発達への障害が危惧されています。二十数年間、こうした問題の最前線を追いかけてきた記者が、地球の生態系と人間の健康を脅かす有害化学物質の現在と真実を、生き生きと描き出す。

目次

第1章 子供がおかしい?<br/>第2章 有害化学物質汚染の今<br/>第3章 POPs条約誕生<br/>第4章 化学物質汚染の実相<br/>第5章 環境ホルモンは幻か?<br/>第6章 進み始めた新たな取り組み<br/>第7章 子供たちにきれいな環境を