角川書店単行本<br> 日本人と日本語

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川書店単行本
日本人と日本語

  • 著者名:宮川俊彦
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • KADOKAWA(2013/11発売)
  • 2021年折り返しの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~6/27)
  • ポイント 480pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041105665

ファイル: /

内容説明

日本の言語(日本語)政策は間違っている!指導歴38年以上、指導対象数200万人以上を誇る表現教育の大家、宮川俊彦先生が語る、日本人のための「新しい日本語論」。

目次

プロローグ 言語から見る「近代の正体」
1章 「サルの壷は見つかったのか」―民話から探る、言語と人間・言語と国家
2章 漱石の『草枕』からみる近代の言語政策―作家たちの挑戦
3章 二葉亭四迷以来の口語文体―口語化運動と言語政策
4章 文部省唱歌と言語政策―『里の秋』がもたらしたもの
5章 経済的視点から言語をみる―侍文化から商人文化へ
6章 時代・社会の変化と戦後の言語政策―なぜ言語政策はなくなっていったのか
7章 言語政策の虚構性―太宰治や戦後の英語教育における「見えない表現」
8章 現代の言語政策の方向性―これからの国づくりとは