単行本<br> 病の皇帝「がん」に挑む(上)人類4000年の苦闘

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,268
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

単行本
病の皇帝「がん」に挑む(上)人類4000年の苦闘


ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

地球全体で、年間700万以上の人命を奪うがん。紀元前の昔から現代まで、人間を苦しめてきた「病の皇帝」の真の姿を、患者、医師の苦闘の歴史をとおして迫真の筆致で明らかにするノンフィクション。ピュリッツァー賞受賞作。
古代エジプトのパピルスにイムホテプはこう記した「この病の治療法はない」。この病を「カルキノス」と呼んだ医聖ヒポクラテスもまた「がんは治療しないほうがよい。そのほうがより長く生きるから」と述べている。人類は4000年にわたって、この怖るべき病気と闘い続けてきた。 外科手術による病巣の切除、X線による放射線療法、抗がん剤と骨髄移植を組み合わせた超大量化学療法、さらに「がんに対する魔法の弾丸」になると期待される分子標的療法……不治の病から治癒可能な病へといたるその治療の歴史と、「がん」をめぐる患者、医師、研究者たちの人間ドラマを見事に描きだした「病の皇帝」がんの伝記。

目次

第1部 「沸き立たない黒胆汁」(「血液化膿症」 「ギロチンよりも飽くことを知らない怪物」 ファーバーの挑戦状 ほか)
第2部 せっかちな闘い(「社会を形成する」 「化学療法の新しい友人」 「肉屋」 ほか)
第3部 「よくならなかったら、先生はわたしを見捨てるのですか?」(「われわれは神を信じる。だがそれ以外はすべて、データが必要だ」 「微笑む腫瘍医」 敵を知る ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす