フェニックスシリーズ<br> 富と幸福の探し方

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy

フェニックスシリーズ
富と幸福の探し方


ファイル: /

内容説明

あなたの人生を変える自己啓発の古典的名著チャンスはやってくるものではありません。 すでにあなたの目の間にあって、発見されるのを待っているのです。著者ラッセル・コンウェルの言葉は時代をこえて読みつがれ、多くの人に感銘を与え続けてきました。本書の内容を一部ご紹介します。中東の砂漠で、年老いたアラブ人がひとつの物語を語る。昔むかし、ある男がダイヤモンドを探しに出かけるが、徒労に終わり異国の地に果てる。しかし実は、自分の所有する土地にダイヤモンドがぎっしり埋まっていた。男はすぐそこにある富みに気づかなかった。この話は遠い砂漠に限られた話ではありません。私たちも同じことをするかもしれません。著者は、適切なやり方をしていれば、誰でもお金持ちになれるということをこの本で伝えています。 では、適切なやり方とは何でしょうか。世の中、人々のニーズを把握し、それに応える↓家族や隣人などまわりの人を観察し、彼らの要望に耳を傾ける↓些細に見えるものほど、大きな成功をもたらす著者が多くの実例を交えて語るアドバイスには強い説得力があります。たとえ、世の中が不景気でも、自分次第で富は生み出せるのです。さらに、お金儲けに加えて人生にとって大切なことにふれています。地位や権力を求めるのではなく、実際に人々に役立つことをしなさい。それが人間として偉大さにつながるのです、と。本書を何度も読み返してください。自分の望むとおりの夢の人生を築くためのすべての教えが、この本には詰まっています。本書を手にし、読みはじめた瞬間から、あなたの人生は今よりも輝かしい未来が開けます。時代や社会について不平不満をいうよりも、自分の力で何かを全力で成し遂げてやろう。そんな勇気が沸いてくる一冊です。人生にとって大切なことは、 「地位や権力を求めるのではなく、実際に人々に役立つことをしなさい」 それが人間として偉大さにつながるのです。 ラッセル・H・コンウェル1843年生まれ。マサチューセッツの農園で育つ。苦学してウィルブラハム・アカデミーを卒業後、南北戦争で北軍に従軍、勲功を立てる。その戦いのさなか、重症を負ったコンウェルの身代わりになった部下が命をおとすことになり、これが彼の人生観を大きく変える。このときコンウェルはキリスト教信者になり、戦後は弁護士として活躍。29歳で妻を亡くし、ますますキリスト教への思いを深め、牧師となる。教会の地下にあった夜間学校でボランティア教員をしていたコンウェルは、その後、テンプル大学を創立し、学長に就任する。貧しくて学費が払えない学者のために別に創立した大学や病院の資金を調達するために全米各地で6000回以上の講演活動を行う。彼の名は広く知れ渡り、その中で最も評判を呼んだ演題全てを完全採録したものが本書である。

目次

第1章 宝物のありか
第2章 誠実な人ほどお金持ちになれる
第3章 お金持ちになるチャンスはどこにある?
第4章 ビジネスに必要なのは資金ではなく、心のあり方だ
第5章 求められていることは何?
第6章 富を得るためのたったひとつの原則
第7章 偉大な人物になるためのたったひとつの秘訣
第8章 偉業も、富も、成功も。いつもそこから始まる