角川書店単行本<br> 政権崩壊 民主党政権とはなんだったのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川書店単行本
政権崩壊 民主党政権とはなんだったのか

  • 著者名:青木理/辻惠
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • KADOKAWA(2014/12発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 480pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041104446

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

戦後初の大型政権交代といわれながら、わずか3年3か月で崩壊した民主党政権。その首謀者は誰か。なぜ検察、マスコミは執拗に民主党を攻撃したのか。小沢一郎、長妻昭のインタビューも交え、徹底分析する。

目次

第1章 民主党政権はなぜ潰れたのか
第2章 小沢一郎インタビュー「私が無罪になっても彼らは成功したのです。私を三年半も束縛したのですから」
第3章 長妻昭インタビュー「三つの組織との付き合い方に民主党は失敗した。この三つの組織は虎の尾なんです」
第4章 民主党政権を崩壊させた検察権力
第5章 民主党政権私史
第6章 無邪気なマスコミと検察

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ネコ

1
政権交代の期待が高かっただけに、その後の失望感と支持離れは如何ともし難かったのでしょうが、本書を読んで、烏合の衆だったというのがよくわかりました。 折しも、維新と一緒になりますが、安倍政権の暴走を防ぐために、過去の失敗を教訓として、期待に応えてほしいものです。2016/03/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6888274

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。