中経出版<br> 中国経済の真相

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

中経出版
中国経済の真相

  • 著者名:田代秀敏
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • KADOKAWA(2013/07発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

中国経済の専門家だからこそ見抜ける「中国経済ニュース」の「虚実」を赤裸々に暴き、「日本経済の本当のポジション」を明らかにしていく。最後には、日本が生き延びるための戦略も提示する。「領土問題で、中国から撤退」なんて愚の骨頂だ!

目次

1 日本人は、中国経済の本当の力を知らない(通説・2010年、ついに日本のGDPは中国に追い抜かれた―真相・2002年、「日中逆転」はすでに起きていた。 通説・今後、日本経済が復活すれば、中国と再び肩を並べる―真相・それは不可能。すでに実質で3倍以上の差。 ほか)
2 日本企業は中国抜きでは生きていけない(通説・2012年の反日デモで、日本企業は大打撃を受けた―真相・デモ直後も上海のユニクロには行列。反日感情は幻想。 通説・対日感情は悪化の一途。もう中国ではビジネスができない―真相・負け組企業の言い訳。成功している企業は、現地化を進めている。 ほか)
3 中国経済“バブル”の真相(通説・中国はバブル状態。近いうちに不動産価格が暴落し、中国経済は崩壊する。―真相・経済発展のために、意図的にバブルをしくんだ。 通説・一人っ子政策のせいで、中国経済はこれから頭打ち―真相・都市化率は敗戦直後の日本と同じ。伸びしろがまだある。 ほか)
4 攻める中国経済と守る日本経済(通説・中国は没落した日本企業にはすでに興味をもっていない―真相・否、優良企業の株式をひそかに大量保有している。 通説・日本の山や水源地が買われている。食い止めなければならない―真相・否、中国マネーは経済活性化の救世主。 ほか)
5 日中関係はこれからこうなる!(通説・中国の対日クレームは、人民のガス抜きにすぎない―真相・否、日中間の問題の8割が「日本発」である。 通説・中国はかたくなに強硬路線を突き進もうとしている―真相・中国の戦略的譲歩にただ乗りする日本に根本的な原因。 ほか)