にんぎょひめ

個数:1
紙書籍版価格 ¥419
  • Kinoppy
  • Reader

にんぎょひめ

  • ISBN:9784309680385

ファイル: /

内容説明

うつくしい人魚姫は、15歳になった日、初めて海の上に顔を出し、王子さまに会いました。人間になりたい、王子さまのそばにいたい…。大人気の上北先生が、アンデルセンの悲恋物語を、完全絵本化!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

砂糖と塩

11
すっかりこのレーベルのファンになってしまったかもしれません。本作も『しらゆきひめ』と同じく、イラストを上北ふたご先生が担当。まさにキュアマーm…おっとっと。この本は、人魚姫が声を出せないのは舌を切り取られたからだという点も、人間になった時は裸だったという点も、オブラートに包むことなく原作準拠です。歪んだ大人目線で読むと……まあ、可愛らしい絵柄の分、色々とアレですわ。とはいえ、『赤ずきん』や『しらゆきひめ』と比べて、内容はずっとマイルド。アンデルセン童話とグリム童話の差は、やはりでかいです…。2016/04/29

雨巫女。

6
《書店》絵が可愛いけど、切ないお話ですよね。恋は盲目。2013/05/31

もっち

2
上北ふたご先生イラストの絵本その2 人魚姫がツリ目かわいい お姉様たちも髪を切ってもかわいい 魔女が「声をもらう」って、マジで舌を切り取るってことだったのか…2013/05/28

Satsuki Mori

0
読むたびに、にんぎょひめってこんな話だったっけ?って思ってしまう。ハッピーエンドじゃなかったっけ?2016/05/10

MITbanana

0
リメイクでも、悲しい話だ。 子供には理解不能かも、こういうロマン。2018/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6855439

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。