ハーレクイン<br> 架空の楽園

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン
架空の楽園

  • ISBN:9784596901545

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

シエナは父親と故郷の村に暮らしていたが、父が亡くなると、ロンドンに出て、兄の友人であるジリアンのもとでフリーの派遣秘書として働き始めた。ある日、オフィスを訪ねてきた男性をひと目見て、シエナは周囲のものがすっと遠のくほど魅せられた。気がつくと、その男性とジリアンがじっとこちらを見ている。「シエナ、ミスター・ステファニデスは秘書がおいり用なのよ……」即座に、シエナは彼のもとで働くことに決まった。彼が綿密な復讐計画を抱いて自分に接近してきたとは思いもよらず、シエナは期待に大きく胸をふくらませた。■傲慢なギリシア人大富豪と秘書の愛憎を描いた名作を、たくさんの熱いリクエストにお応えして再版いたします。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

日夏

16
復讐の為にヒロインを誘惑してそれが人違いだったという迷惑千万ヒーロー。お金があるのだからきちんと調査して下さい。ヒロインが彼から逃げようと事故に遭い、記憶喪失のまま病院で結婚して彼の島へ「妻として」拉致されてしまう。まさに傲慢勘違いギリシアヒーローそのまんまのおバカ物語。やがて彼は記憶を取り戻した彼女を自由にすることで償おうとする。さすがに「僕達は結婚すべきではなかったんだ」という台詞には胸が痛んだ。ほんの少しだけ。だって、読者には彼女が彼の元に戻るのはわかりきってたからw 2017/06/20

やまと

6
某掲示板で、話題になっていたので、探して購入しました。噂通りの最悪ヒーローでした。突っ込みどころ満載です!2015/07/27

糸車

6
”このヒーローがひどい”みたいなテーマで盛り上がっていた掲示板でこのお話を知り、びびりなわたしはさすがに読めなかった。ペニーさん苦手かも、と思い始めていたし。手始めに恐る恐るコミックを読み、何度も中断。最後まで読み通すまでかなりかかった。不思議なものでコミックを何度も読み返すうちやっぱり小説も読みたいかも、と思い始める。・・・んで、入手した本をパラパラとあっちこっちつまみ食いしながら慣れるのを待ち、やっと初めから最後まで読破しましたとさ。ここまでして読みたいのか?と自分に問いかけた日々でございました。2014/03/04

麻琴

4
ヒロインの兄への復讐を誓いヒロインに近付いたヒーロー。狙い通り取り返しのつかない行いをしでかした後、実はヒロイン兄が復讐対象ではないと判明して…という話。コミック版の感想にも書いたけど、あんまりなヒーロー。ヒロインの事故による記憶喪失利用して更にありえないことするし、信じられない。乱暴ではないにしても2回もレイプしてるし。ほんと最低。でもヒロインに拒まれてからのヒーローの憔悴しきった感じが思いを表してて好き。再会場面で、ヒーローがもっと真摯に許しを請うてくれたらよかったのに。→(コメント欄に続く)2015/10/29

akiyuki_1717

3
時々出てくるストーリーで復讐のために相手の妹を貶めるパターン。結局は誤解だと分かるんだけど、その後のヒロインに対するヒーローの対応も保身しか感じられないし、良くもこんな経営者で会社が繁盛していられると、首を捻ってしまう。妹の言葉より親友を信じるって、人間として欠陥があると思う。ましてや事が強姦となると、勘違いで下では済まないよね。犯罪行為をきちんと調べることもなく、ただ、一度だけ誘ってバージンを奪ってやろうなんて、後でどれだけメロメロになっても、元の人間性が信じられないから、無理です。2019/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6657368

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。