育てる技術

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

育てる技術

  • 著者名:石田淳【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 日経BP(2013/06発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822249519

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

行動科学マネジメントの専門家であり、日経BP「課長塾」で講師を務める著者が、企業のマネジャー層に部下育成法を伝授。
「仕事をいくら教えても、若手が育たない。むしろ、口うるさく指導する自分が部下から疎まれている」--。そんな悩みを抱える管理職は少なくない。なぜ、部下のため、組織のためによかれと思って指導して、嫌われるという結果を招くのか。それは多くの場合、教え方が行動科学の原則からはずれているから。いまどきの若手にもストレスなく伝わる合理的な育て方を身につければ、指導の成果は一気に高まる。
部下育成で重要なのは、相性でも情熱でもなく、「行動」に焦点を当てること。具体的な行動を改善することで「できる部下」を育てるロジカルな褒め方、叱り方を、実例を挙げながら詳細に解説する。

目次

第1章 行動科学で「伝えられる人」になる(プレーヤーからマネジャーになると何が変わる? 部下の気持ちを汲む必要はない ほか)<br/>第2章 なぜ伝わらない?なぜ育たない?―残念な教え方(失敗の原因を考えさせる やる気に期待する ほか)<br/>第3章 短時間で確実に「仕事のできる部下」をつくる!(部下を効果的に育てるOJTとは 数値化できなければ行動とは言えない ほか)<br/>第4章 「成果が上がる行動」を習慣化させるには(「よい結果」が人を動かす 継続性をもたらすフィードバックとは ほか)<br/>第5章 「憧れられる課長」でいるために(理想の上司とは 認知のゆがみがストレスをつくる ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kentaro

41
ほとんどの企業において、売上の約8割は、従業員全体の2割に当たる人たちが生み出していると言われている。その状況を脱し、全員を戦力化するには、いったい何が必要か。 まず大事なのは、全員が同じ行動を起こせる共通言語を使って指示を出すことだ。これまで8割の部下が結果を出せずにいたのは、どういう行動をとればいいのか、理解できる言葉で語ってもらえなかったからだ。資材を営業所へ届けてくれと部下に指示を出したら、2割の優秀な部下は、時間とコスト、安全性などをすべて考慮して最もいい方法で資材を送るが8割はバラバラだ。2020/05/01

流竜会

30
多様な生き方、多様な働き方、多様な価値観、等々。「多様」という名の不思議な魔力に翻弄される組織の管理職。本作は組織の管理職をターゲットに「相性不問、熱血不要」を枕詞に「行動科学マネジメント」を、一行動レベルまで咀嚼して書かれた解説本。事例も具体的で、結構参考になります。「指導は教育」。「行動科学」というと、ドライな印象を受けるかもしれませんが、血の通った指導をすることの大切さが、ちゃんと書かれています。管理職になる少し前くらいに読むのが、時期的には良いのではないかと個人的には思います。k2015/06/07

まちこ

12
やっと読み終えた。行動科学マネジメントは応用すれば部活にも使えるはず。使える基準を考えてみよう。2015/08/06

majiro

8
耳が痛い。と、まずは受け止めることが大事。得心するには時間もかかる。そのために、読んだり考えたり実践したり、の繰り返し。若者が経験を積んでいくのと同じなんだな。 この本は、ジェネレーションギャップをすごく意識していたのが良かった。しばらく、行動科学の本を読み漁ってみたい。2021/10/26

Gatsby

8
「行動科学マネジメント」という方法に基づいた仕事の進め方を提唱している石田氏の本。この本のように育成について書かれたものと、自分が何事かを始めて、それを続ける方法を書かれたものとがあるが、いずれも徹底的に行動に焦点を当てて考えることに焦点があてられる。確かにこの豊富を用いれば、若手育成にも随分役立つと思われる。効果的なOJTについて書かれた部分は、最も参考になった。仕事のやり方を教える方法、仕事の続け方を教える方法。「復唱させてズレを防ぐ」「一度にたくさん教えない」、授業も同じかもしれない。2013/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6505056

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。